「反変ベクトル・共変ベクトルの続き(1)」の再掲

さらに「反変ベクトル・共変ベクトルの続き(1)」も再掲したいと思います。 基底ベクトルの具体的な形を考えてみました。 まず、図を見て下さい。 と の成す角度を とし、 を直交座標の の方向にとることにします。さらに という条件から、直交座標で表すと、   と図から、仮の正の実数を として、…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_全体主義の真理観(4)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 5.正反合に相当する段階的弁証法 この思考法は「次第の三観」=段階的弁証法  「次第」=段階  「三観」=弁証法の三命題ー正・反・合に該当  しかし、ヘーゲル弁証法の正・反・合とは多少異なる構造  ヘーゲル弁証法 :   正なる命題の否定=反…
コメント:0

続きを読むread more

ロケット推進モデルについて

似たような内容の記事を書いたことがありますが、おさらいをします。教科書は「図説 宇宙工学概論」です。 まず、図を先に出してしまいます。 噴射前は質量 で一定速度 で飛んでいるとしましょう。噴射後、微小時間 の間に推進剤をノズルによりロケットと相対速度 で噴射させてロケットを推進するとします。 その間、  …
コメント:0

続きを読むread more

耳コピ用にリンクします

好きな曲なので、楽譜にしてみたくなりました。 「突然の贈りもの」のキーは B、「黒のクレール」のキーは Cm なので、後でキーを変えようかな。。 大貫妙子 突然の贈りもの 黒のクレール 大貫妙子
コメント:0

続きを読むread more

「共変成分でベクトルを表わす」の再掲

「共変成分でベクトルを表わす」も再掲したいと思います。 ベクトルAを共変成分の和で表わすとどうなるでしょう? 反変成分の場合と同じように考えましょう。つまり、   となるでしょう。 ただ、反変成分の場合と異なるのは の長さが ではなくなります。 [注]---------------------…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_全体主義の真理観(3)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 4.天台という中道観 「中道第一義諦とは、まへに[従仮入空よりて]仮の空なることを観ずるはこれ生死を空に、のちに[従仮入空よりて]空の空なることを観ずるはこれ涅槃を空じ、二辺を雙遮す。これを二空観を方便道となして中道に会することを得と名づく。 また、初め…
コメント:0

続きを読むread more

「ベクトルの反変成分のイメージ」と「ベクトルの共変成分のイメージ」の再掲

「ベクトルの反変成分のイメージ」と「ベクトルの共変成分のイメージ」は14年前の記事なんですが、ときどき関連記事にコメントをいただくので、書き直しておきます。 2つの斜交軸の単位ベクトルを  とすると、任意のベクトル は   と表されます。 図を見ればお分かりのとおり、ベクトルの足し算(平行四辺形)でとても素…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_全体主義の真理観(2)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 3.単子論との類似と相異  ライプニッツの単子 : 精神的原子であり、意識作用を持つ個物  無意識ともいうべき微小な意識から始まって、一切を明瞭に認識する最高の意識状態に至るまで、連続に移行する段階を含む  → 天台で各々の心が十界を抱合するのに似てい…
コメント:0

続きを読むread more

場の理論入門(39)

「位相速度」と「群速度」を相対論的粒子に対して考えます。 相対論的粒子では   なので、位相速度は   ここで、 < から は光速を超えることになる。位相速度はエネルギーや情報を伝える速度ではないので、光速を超えてもおかしくないらしい。 群速度は   であるが、ここでは関係式   …
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(69)

1.機械学習 とりあえず先週修了証を貰ったので(50)で報告したga120_機械学習・深層学習で習ったものとダブるものがありましたが、その機械学習の部分をもう少し詳しく学習するものでした。 シラバスで分かるように Week1 では機械学習というよりも、「Python言語の基礎」と「Python言語によるデータ分析の基礎」…
コメント:0

続きを読むread more

TexMex風なのか?

Ry Cooder の Chicken Skin Music という、メキシコ風だったり、ハワイ風の曲で比較的好きなアルバムなんですが、アコーディオンが入っているのはTexMex風と言って良いのか?ちょっと分かりません。。 例えば、 Stand by Me それで、Hosono House の「終りの季節」でアコー…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_全体主義の真理観(1)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 <1>仏教の定着 1.独特の総合の論理  天台宗は『法華経』に依拠するが、インドにはこれに該当する宗派はなく、まったく中国仏教独特の宗派。  天台智顗(天台智者大師)の力による  天台は、「五時八教」で従来の仏教諸思想を分類  → 独断の面…
コメント:0

続きを読むread more

場の理論入門(38)

今回は波の2種類の速度、「位相速度」と「群速度」について考えます。 波動関数の時刻 での値は、平面波の場合   なので、      が成立する。したがって、  ・ 波の「山や谷」は速さ で進んでいく ことが分かる。この速さ は、指数関数の中の「位相」から求めた速さなので位相速度と呼ぶ。 …
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_現実の肯定(4)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 3.二諦と中道の説(3) なぜ真俗二諦(有と空)が連言の形で総合されるのか? 「両者は相即するものだから並観しなくてならない」と言われる 「並観=連言」ということと解釈 → 「相即するものは連言的に総合される」 真俗二諦が連言的総合で…
コメント:0

続きを読むread more

場の理論入門(37)

前記事で取り残した関係を考えます。 前記事では   で両辺を時刻 0 から t まで積分すると、     つまり   ここで、ガウス波束    において、波束の中心位置 での値を考えると   なので、   となる。ここで、   は、ラグランジアン …
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_現実の肯定(3)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 3.二諦と中道の説(2) 諸法実相と言説(仮名)の関係には次の二つがある  ① 「体(諸法実相)は名言を絶す。・・・・強ひて真俗を説く」  ② 「仮名を壊えずして実相を演ぶ」 諸法の実相は言説によって初めて表現される しかし、言説それ自身は…
コメント:0

続きを読むread more

Tighten up - Archie Bell & The Drells

R&Bには詳しくないので、個人的感想なのですが、この曲を初めて聴いたとき、かなり新鮮な感じを受けました。 コード進行の殆どがⅠmaj7→Ⅳmaj7の連続なんです。こういうコードの響きをそれまでのR&Bではあまり聴いたことが無かったからです。 maj7 はジャズやボサノバではそれ以前から使われていたのですが、R&Bのようなポップスでは…
コメント:0

続きを読むread more

場の理論入門(36)

「場の理論入門(34)」で求めた波束モデルの時間発展を考えます。 波束モデルにおいて   としてガウス波束となる。   これをシュレディンガー方程式に代入することを考える。 とりあえず、時間微分を計算する。         空間微分については                …
コメント:0

続きを読むread more

馬面電車じゃないような。。

ブラタモリ 「花巻~花巻はなぜ宮沢賢治を生んだ?~」 を見ていたら、銀河鉄道のモデルとして馬面電車を紹介していました。でもちょっと違和感ありますね。そんな感想を書いてみます。 『山田正紀氏の「カンパネルラ」を読んだ。』という記事を書いていますが、この作品には花巻電鉄(馬面電車)が良く登場します。しかし、実際の形はこの番組で初めて拝…
コメント:2

続きを読むread more