場の理論入門(20)

確率密度関数について考えます。 平面波状態  d → 0 でどうなるのか?  を使って ここで、 d は無くなる。      から   時間に依存しない部分を とすると   となります。よってシュレディンガー方程式の左辺は   右辺は      よっ…
コメント:0

続きを読むread more

イザナギ・イザナミ神話(1)

「日本人の神話的思考」の特に「第2章 2.イザナギ・イザナミ神話ー生と死の弁証法」をテキストとして標題について勉強したノートです。 《母なる大地》と《父なる天》の対立の意味論 [M4]---------------------------------------- 天地がまだ混沌としていたころ、アメノミナカヌシ(性別不明)…
コメント:0

続きを読むread more

場の理論入門(19)

d → 0 に関して、別の方向で考えてみます。 一般的1粒子状態   にハミルトニアンを適用すると               となります。場の理論入門(6)で示した時間発展方程式(シュレディンガー方程式)   を考えると、   で係数を抜き出すと   となります…
コメント:0

続きを読むread more

Spooky

何となく思い出してしまう曲があるんですが、今回は Spooky という曲で、いくつかをリンクしてみました。 初めて聞いたのは Classic IV だと思います。私にはバックのコードストロークが Ⅱm7→V7 の変形で Ⅱm7→V13 のように聞こえますが、てなんかズッシリと心に響いてきます。   Classic IV - Sp…
コメント:0

続きを読むread more

場の理論入門(18)

前記事の内容に対して g に天下り的ですが、具体的な式を与えて考えていきます。 その前に次元を考えると、 の固有値である や はエネルギーの次元 で、 、 、 。 ここで、質量の次元 を持つ定数 を導入して   としてみます。そうすると、   となります。ここで、 d → 0 を…
コメント:0

続きを読むread more

神話について_構造主義的アプローチ(3)

「日本人の神話的思考」の特に「第2章 1.神話とはなにか」をテキストとして標題について勉強したノートです。 『古事記』と『日本書紀』の歴史意識の違い 古事記 : ホピ族の歴史意識など、神話的思考の歴史意識  上巻    → 純粋に体系的構造をもった神話 → 「神代」  中巻・下巻 → 歴代天皇の年代記の形式をとった諸伝説…
コメント:0

続きを読むread more

神話について_構造主義的アプローチ(2)

「日本人の神話的思考」の特に「第2章 1.神話とはなにか」をテキストとして標題について勉強したノートです。 ホピ族の共時的な歴史意識と九つの世界 アメリカ先住民ホピ族において歴史は、天地創造や人間生誕の神話、スペイン人の侵略やアメリカ合衆国への所属なのどの白人側にも記録された大文字の歴史にいたるまで一貫して伝承されるのが普通…
コメント:0

続きを読むread more

場の理論入門(17)

いままで場所の座標を格子点で離散的に表していましたが、今後はこれを連続的なものに変えていきます。 いままで、「長さ で有限な」1次元の連続空間を扱ってきましたが、ここでは「系の長さを に保ちつつ格子間隔 をゼロにもっていく」ことを考え、今回はその準備段階となります。 ここで、場の理論入門(9)で示した「飛び移る…
コメント:0

続きを読むread more

エレキでクラシック

最近昔のエレキバンドを何となく聞いています。60年代のこの手の音楽って基本的に音に厚みが無くて、そんなにメッセージ性も無いです。つまり、軽い音楽として耳障りはいいので何回も聴いてしまうのですね。今回は有名なクラシックをエレキバンドでやっている2曲をリンクしました。 まずは、ハチャトリアンの剣の舞です。 The Jokers …
コメント:0

続きを読むread more

神話について_構造主義的アプローチ(1)

「日本人の神話的思考」の特に「第2章 1.神話とはなにか」をテキストとして標題について勉強したノートです。 神話を歴史の反映とした歴史主義の誤り  日本神話は歴史主義の毒によって歪められている  左右イデオロギーを問わず、「神話を歴史の反映 ⇔ 神話の中に歴史を見出そう」とする  ⇒ 「人間的な事象を全て歴史に還元して説…
コメント:0

続きを読むread more

場の理論入門(16)

ユニタリー行列を計算する上で、ハミルトミアンの指数関数を計算する必要があります。ここではそれを考えていきます。 ハミルトニアンが   と表わされる場合に、時間発展演算子  の1粒子状態への作用を考えます。まず指数関数のテイラー展開です。   また、1粒子状態 に作用する様子は         …
コメント:0

続きを読むread more

日本の色(10)_日本的特殊性の背後にひそむ普遍の原理

「日本人の神話的思考」をテキストとして標題について勉強したノートです。 いままでの話を次の表にまとめる。 構造のおさらい  シロ ⇔ クロ 、 アカ ⇔ アヲ の二項対立の軸が最も原理的だが、シロ ⇔ クロ が最優先で 天 ⇔ 地 の垂直軸  これに対し、水平軸は アカ ⇔ アヲ で媒介的で、同時に地表に関わる大…
コメント:0

続きを読むread more

場の理論入門(15)

ハミルトニアンが生成・消滅演算子の2次形式で表わされている場合を考えます。 のエルミート行列 を使って   エルミート行列 の(実数)固有値 と固有ベクトル が(縮退の無い場合) 個存在し、固有ベクトル は互いに直交することになります。 よって、固有値と固有ベクトルを と表現しましょう。 固有ベクトルの…
コメント:0

続きを読むread more

日本の色(9)_タマハフリとしてのアカ→白の行為_その2

「日本人の神話的思考」をテキストとして標題について勉強したノートです。 アカキからシラキを磨き出すことの意味 : 赤肌から素肌(しろはだ)を磨き出すこと    =実質的な汚れとともに目に見えない魂的な穢れをもハフり、木のタマを顕現させること 木のタマ=コダマ(木霊)  アオキの状態ではコダマは両義性を持つ  ①山々の奥…
コメント:0

続きを読むread more

クラシックからいつのまにかロック

出だしはクラシックでも気づいたらロックになっていたというのを集めました。と言っても2曲だけですが、、 まずビートルズも歌っている " Roll Over Beethoven" 、「ベートーベンをぶっ飛ばせ」というので、いきなり「運命」で始まって、ノリの良いロックンロールになって楽しいですね。これはアレンジが上手いです。 El…
コメント:0

続きを読むread more

場の理論入門(14)

ここで、新しい記号を作って整理します。     と整理すると、   また、   よって、     となります。 また、   で、      つまり     となります。したがって、         となります。 に作用させると、 …
コメント:0

続きを読むread more