いまさらテクノ Telex を聴く

発作的にベルギーのテクノ・グル-プ Telex を聴いてみました。 T-Rex ではないですよ。詳細はwikipediaにあるように、けっこう有名ですね。 まず初めてのロックン・ロールともいわれているRock Around the Clockです。  Telex - Rock Around the Clock 次の…
コメント:0

続きを読むread more

3章 ディラック場(10)

"3.2 The Dirac Equation" の3回目を読んでいきたいと思います。 の変換法則ができたので、適切な場の方程式を探す必要があります。1つの可能性は、単純にクライン・ゴルドン方程式です:   これは、スピノル変換行列 (3.26) および (3.27) が「内部」空間でのみ機能するため機能します。 …
コメント:0

続きを読むread more

3章 ディラック場(9)

"3.2 The Dirac Equation" の2回目を読んでいきたいと思います。 次に、回転グループの4次元表現のディラック行列 を見つけます。これらの行列は少なくとも4×4でなければならないことがわかります。 (たとえば、4つの2×2行列はなく、3つのパウリシグマ行列との反交換になります。)さらに、ディラック代数のすべて…
コメント:0

続きを読むread more

「黒体放射と宇宙の初期の歴史(1)」の数式の検討(その3)

前記事の結論を再掲すると、   でした。 動径変数 に到達するのに必要な固有時間 は積分すればよいので   となりました。ここで天下りですが、 という変数変換を考えます。そうすると、     であり、   つまり、   とすると、                 …
コメント:0

続きを読むread more

3章 ディラック場(8)

"3.2 The Dirac Equation" の1回目を読んでいきたいと思います。 ローレンツ群の1つの有限次元表現を見てきたので、論理的な次のステップは、他のすべての表現を見つけるための形式主義を発展させることです。これはそれほど難しいことではありませんが(問題3.1を参照)、スピン 1/2 に対応する表現に主に関心があるた…
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(84)

1.【経営学】事例から学ぶデジタル・トランスフォーメーション “クラウド, IoT, AI”といった最新のデジタル技術の紹介のための講座という位置づけですね。 確認テストは設問の内容が事実かどうか?を〇×で答える形式であり、間違えても再トライ可能なので注意深く答えれば殆ど正解に至ります。 なので勉強というよりも技術の…
コメント:0

続きを読むread more

用心棒の音楽ってどうだったのか?

エンリオ・モリコーネの記事で「荒野の用心棒」を取り上げましたが、この映画は黒沢監督の「用心棒」を西部劇に移しかえてリメイクしたものでした。オリジナルの音楽を聴いてみたくてリンクしました。1961年の作品です。 Yojimbo, Akira Kurosawa, 1961 - Mifune Kicks Ass Scene 首…
コメント:0

続きを読むread more

「3章 ディラック場(7)」の数式の検討(その2)

残った(3.19)式から(3.21)が出てくる理屈をたどります。 まず、x方向にブーストした場合のローレンツ変換のおさらいです。       つまり、   となります。(3.21)とβの符号が逆なんですが、これはブースト方向が正かを採用するか負を採用するかの違いなので、本質的ではないでしょう。 さて、前記…
コメント:0

続きを読むread more

「黒体放射と宇宙の初期の歴史(1)」の数式の検討(その1)

シュヴァルツシルト計量と測地線方程式から、ニュートンの万有引力に近い式を導出することを検証してみましょう。 放射状測地線   において、左辺を考えると、      なので、測地線方程式は   もう少しまとめると   さらに、     から     よって、 …
コメント:0

続きを読むread more

生態学をちょっと(2)

続きを考えます。前記事の(3)式を再掲しましょう。   ちょっと変形してみると   よって、   から   で積分すると、   で積分定数を整理して   書き直すと   となりました。具体的数値を与えてグラフ化してみましょう。   つまり…
コメント:0

続きを読むread more

生態学をちょっと(1)

「社会科学における数学的モデル」という半世紀前の本が出てきたので、その一部を読んでみたいと思います。(実は読んでいないのですが)別の書籍で山口昌哉先生の「数学が分かるということ- 食うものと食われるものの数学」でも取り上げられているものと同じではないか?と想像しています。 ウサギとキツネのモデル   : ウサギの数 、  :…
コメント:0

続きを読むread more

藤岡幹大さんのギターセミナーでの演奏があったので、リンクしてみました

小神さんこと藤岡幹大さんの新しい演奏はもう聞けないのですね。。 YouTube を検索していたら、ターセミナーでの演奏がありました。3つほどリンクしておきましょう。 藤岡幹大 Mikio Fujioka KEMPERセミナー①「メタル曲」 2017.12.23(sat) 藤岡幹大 KEMPERセミナー②仮バンド「com…
コメント:0

続きを読むread more

3章 ディラック場(7)

"3.1 Lorentz Invariance in Wave Equations" の7回目を読んでいきたいと思います。 私たちにこの権利があることを確認するために、特定の(単に帽子をとる)表現を見てみましょう。 4×4行列   を考えます。(ここで、μとνは、6つの行列のどれが必要かを示し、αとβは、行列の成分を示…
コメント:0

続きを読むread more

完全流体のエネルギー・運動量テンソルを考える(1)

アインシュタイン方程式の右辺にくるエネルギー・運動量テンソルのことはあまり詳しく考えたことがないので、ちょっと勉強です。 何が分かってないかというと、完全流体だと   という式が成立するということです。「一般相対論入門」によると、4章末問題をやると分かるそうなので、その方向に沿ってやってみたいと思います。丸写しではまず…
コメント:0

続きを読むread more