東洋思想ノート_中国仏教_多様性の統一(8)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです 2.一は十を含む 相即と相入について、自然数一から十までに適用  「もし一がなくば、すなはち十は成らざるが故に、一はすなわち全力なるが故に十を摂する也」 この文章を二つに分ける ① 「もし一がなくば、すなはち十は成らず」    一が十の必…
コメント:0

続きを読むread more

Peskin をちょっと読んでみる(6)

これで、 の式を書き留めて、ダイアグラムから直接すべてを読み取ることができます。       これを (1.3) 式と詳細に比較することは有益です。 (1.10)から断面積(1.8)を導出するために、γ行列とディラック・スピノルに関するいくつかの具体的な知識を補って、上記で使用した角運動量の引数に戻ることができま…
コメント:0

続きを読むread more

ツェラーの公式を使って曜日を求める

Python の勉強の過程で「ツェラーの公式をプログラムする」という記事を書いていますが、数検準1級の過去問題の問題5でやはりツェラーの公式が出てきます。ちょっと式が違うのですが、よく眺めると当然同じものです。もう一度プログラムを考えてみたいと思います。 さて、ツェラーの公式は、曜日を知りたい日付を y 年 m 月 d 日とすると…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_多様性の統一(7)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです <3>事事無礙の思想 1.相即と相入 事事無礙 : 事と事とが共通の理によって対応しあう。対立しあう主語と主語とが共通の述語によって等しくなる。  Aと非Aとの一致≠「Aは非Aである」  Aと非Aとの一致=Aと非Aとが等しい述語(空と縁起)をも…
コメント:0

続きを読むread more

Peskin をちょっと読んでみる(5)

装飾と質問 基礎となる形式主義にはほとんど訴えず、角運動量の引数を適用することにより、反作用 の量子電気力学によって予測される角度分布を取得しました。ただし、高エネルギー制限の単純化機能と重心系を非常に強力な方法で使用しました。単純化した仮定のいずれかを緩和すると、ここまでに示した分析は破綻します。それでは、一般的なQED計算を…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_多様性の統一(6)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです 3.非段階的弁証法を構成 四種法界の段階的弁証法の構造を図式的に整理 Ⅰ 事法界 ― 「一中一」 ― 主語の実体化。  自己同一性(肯定) ≡ 差別性(否定)   「A は A である」 ≡ 「A は 非A ではない」 Ⅱ 理法界 ― 「一切…
コメント:0

続きを読むread more

Peskin をちょっと読んでみる(4)

次に、電子と陽電子が両方とも右利きの場合を考えます。 合計スピン角運動量はゼロですが、他変数はもう少し微妙です。3次元で角運動量 を追加したときと同様に、 Clebsch-Gordan 係数が  の縦偏光光子が得られると予想される場合があります。しかし、実際には4次元ローレンツ群に角運動量を追加しているため、スピン(回転下の状態の…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_多様性の統一(5)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです 2.本質は認識論 事事無礙の思想全般がライプニッツの単子論と良く似ている ライプニッツの単子論の骨子:  個物(単子)は相互に他を写し合う鏡  相互に一対一に対応しうる  個物は全宇宙を自己のうちに写す小宇宙  個物と個物とが相互に写し合って一…
コメント:0

続きを読むread more

複素行列の問題

---------------------- 複素数を成分とし、 の形で表される行列のうち、 を除いた全体の集合を とします。2つの行列 がともに の要素であるとき、次の問いに答えなさい。  (1) は逆行列 を持ち、 もまた、 の要素であることを示しなさい。 (2) の積 もまた、 の要素であることを示しな…
コメント:0

続きを読むread more

Peskin をちょっと読んでみる(3)

ベクトル の形を考察します。  は強度 (電子の電荷)で光子に結合するため、マトリックス要素は に比例するはずです。 ここで、次図に示す特定の初期および最終スピン方向を検討しましょう。電子とミューオンは、運動の方向と平行なスピンを持っており、「右利き」です。同様に、反粒子は「左利き」です。 電子と陽電子のスピンは、合計で …
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_多様性の統一(4)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです <2> 事事無礙の認識 1.四種法界の論理 (a) 事法界 個々の事物を他から区別して孤立的にみた世界 個別の差別性だけをみて、個と個との同一性または共通性をすべて無視する立場 同一なのは個別の自己自身に対する同一性だけであり、つまり自己同一…
コメント:0

続きを読むread more

Peskin をちょっと読んでみる(2)

ファインマン則によれば、各ダイアグラムは への寄与に直接変換できます。この規則では、ダイアグラムの各要素に短い代数ファクターを割り当て、これらのファクターの積は摂動系列の相関項の値を与えます。 しかし、 の結果の式を使用可能な形式に変換することは、まだ簡単ではないので、以降の章で、このような計算を行うための非常に有用な技術を開発し…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_多様性の統一(3)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです 5.事事無礙法界(周遍含容観第三) 理事無礙法界で、全は個の中にあるとする しかし、各個の事物の中に同一の理の全体が含まれるならば、あらゆる個々の事物は互いに同じ構造をもち、互いに一対一に対応するはず 個と個とは一対一に対応しあうことによって、互いに他を…
コメント:0

続きを読むread more

「エントロピー?」を再掲

「エントロピー?」という古い記事ですが、思うところがあって再掲します。 『バロック風物理学序説』_佐藤純夫(日本評論社)という本をパラパラ捲っていたのですが、熱統計力学の節を読んで「エントロピー」を少し分かったつもりになりました。 熱力学は、クラジウスなんかが現象論的に説明したのですが、ボルツマンはそれをミクロの集合体の物理学と…
コメント:0

続きを読むread more

Rei さんは凄いな。。

若いミュージシャンのことは良くわかってないので、最近になってやっとReiさんを知ることになり、カッコよさにしびれております。 ギターマイクは付いているしエフェクターも使っているんですが、アコギをブルージーなエレキのように弾く姿は超カッコイイです。 まず、何故TEDなのか?分からないのですが、アコギでの演奏をリンクしておきます。 …
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_多様性の統一(2)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです 4.理事無礙法界(理事無礙第二) 事法界:差別の世界 ⇔ 理法界:無差別同一の世界 これらの世界は独立に存在しているわけではない 理法界は事法界の諸現象をに共通な同一性のことであるから、事法界から独立した理法界はありえない 「事がない理がない」「理…
コメント:0

続きを読むread more

正規分布とそれに関連する分布の導出の目次

掲題の件で、これまでに書いた記事のリンクのための目次を書いておきます。 1.正規分布の導出  1.1 「二項分布から正規分布」  ド・モアブルの考えに基づいたものとして、内容は「統計学入門」松下嘉米男(岩波全書)を参考にしましたが、二項分布の式にスターリングの公式を当てはめる方法です。  参考:「スターリングの公式を…
コメント:0

続きを読むread more