ゲージ場の量子化(1-2)

ここではもう一つの式から無限大になることを考えます。
もう一つとは(共変的な積分表示)



のことです。
射影演算子は



であり、







などとなるから、



です。(う~ん、、ちょっと分からんところがあるなぁ、、)

ここでも のため積分は発散します。


[引用]===========================
こうした発散は、理論がゲージ不変であるために生じる必然的なものであることに注意しよう。 はゲージ変換で変わる部分であり、



こうした成分がふくまれていないのは理論がゲージ不変であるからである。
=================================



"ゲージ場の量子化(1-2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント