ハイゼンベルク形式による調和振動子(5)

今回は「平均値とゆらぎ」について勉強します。 規格化された固有ベクトル \(\psi ^{(j)}\) で、それに対応するエネルギーが \((j+1/2)\hbar\omega\) の固有状態にある振動子を考えます。 から、 \(\psi ^{(j)}\) は0オリジンで \(j\) 番目の要素が1でその他の要素がゼロの…
コメント:0

続きを読むread more