「ハイゼンベルグ表示の調和振動子」を書き直し

「ハイゼンベルグ表示の調和振動子(1)」と「ハイゼンベルグ表示の調和振動子(2)」という記事を書いていますが、ちょっと誤りがあるようなので、書き直してみます。 ハミルトニアン演算子   ここで、ハイゼンベルグ描像での基礎方程式   および   という公式から、     なので、   つ…
コメント:0

続きを読むread more

流れ関数と速度ポテンシャル_2次元流体の理論のつづき(2)

・速度ポテンシャルが存在するので渦はないが、循環がゼロでない場合  = 循環の内側に物体がある場合 流体の回転の中心が流体ではなく、中心のあるべきところに物体があるものは「渦」と呼ばない。 = 「2重連結の循環」 「渦」とは、その回転中心にいたるまですべて流体満たされているもの 「渦」= 回転の中心が…
コメント:0

続きを読むread more

流れ関数と速度ポテンシャル_2次元流体の理論のつづき(1)

「流れ関数と速度ポテンシャル_2次元流体の理論」のつづきをメモにします。 これは個人的なノートなので、説明なしだったり論理の飛躍があったりしますがご容赦ください。 ・複素速度ポテンシャル  \(w=\phi+i\psi\) [ちょっと先回り]----------------- と考えると、コーシー・リーマン方程式から …
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(89)

1.統計の入門 これは従来の統計学の初歩というところで、AI関連まではいってません。こういうのはあまり面白くないですよね。。 2.放射線安全社会入門~リスクの知見を暮らしに~ あくまで私見とおっしゃられていますが、福島原発問題にも触れていて面白かったです。 この講座の課題レポートをUPしておきます…
コメント:0

続きを読むread more

MuseScore で Attens ou va t'en

「涙のシャンソン日記」 の(メロディとコードのみの)楽譜を持っているので、MuseScore で音出ししてみました。もとの楽譜は2拍子で書いてあるんですが、どうも4拍子の方がしっくりくるので、書き直したのですが、そうすると所々に2拍子が入る変拍子になってしまいます。確かに歌いにくさはこの変拍子性のためかな?と思いました。 さてドラムと…
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(88)

1.スマートに学んで活かそうスマート農業オンライン IoTを導入して農業をスマート化しようという講座でした。まあ時代の趨勢なのですね。。 2.これはサボっていてUPしてなかった修了証です。先週よりずっと前に貰ってました。 2.1 大学生のためのデータサイエンス(Ⅲ)問題解決編 2.2 動物…
コメント:0

続きを読むread more