熱力学(5-5)

「熱力学ポテンシャル」の「定圧熱力学的ポテンシャル」を続けます。 ポテンシャル \(\Phi\) を用いてクラペイロン式を導くことを考えます。 液体とその飽和蒸気から成り、これがシリンダーに入っていて一定の温度・圧力が保たれているものとします。 液体部分のエネルギー : \(U_{1}\) 、蒸気部分のエネルギー : \(…
コメント:0

続きを読むread more