メスバウアー効果

"Mossbauer Effect" をちょっと訳してみます。

-------------------------------------
メスバウアー効果

メスバウアー効果には、原子核の励起状態からのガンマ線の放出と吸収が含まれる。 励起された原子核がガンマ線を放出すると、ガンマ線の光子には運動量があるため、運動量を保存するために反跳する必要がある。 しかし、これにはエネルギーが必要であり、ガンマ光子のエネルギーは \(100\: \mathrm{keV}\) の光子に対して約 \(1\: \mathrm{eV}\) 少なくなる。 潜在的なターゲット核のエネルギー状態の鋭さは、\(10^{-5}\: \mathrm{keV}\) のオーダーの自然線幅を持っているため、光子エネルギーのシフトにより、ターゲット核がガンマ光子を吸収するのを防ぐ。

メスバウアーは、発光核と吸収核を結晶に配置することで、結晶格子を反跳に使用できることを発見した。反跳エネルギー損失を減らして、これらの非常に鋭い輝線と吸収線が重なり、吸収が観察されるようにする。 重要な結果は、エネルギーシフトに対して非常に感度の高い検出器ができたことである。1秒あたりミリメートルのオーダーの速度のソースまたはアブソーバーの動きで、吸収を狂わせるのに十分であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント