Goodnight, Irene

学生時代はフォークバンドをやっていたので、この曲は良く知ってます。ちょっとルーツを知りたくて、wikipediaをちょっと訳すと

"Goodnight, Irene" または " Irene,Goodnight" は、20世紀のアメリカのフォークスタンダードで、3/4拍子で書かれ、1933年にアメリカのブルースミュージシャン、Huddie 'Lead Belly' Ledbetter によって最初に録音された。歌詞は、彼の恋人、Ireneに悩まされた過去を語り、彼の悲しみと欲求不満を表現している。 歌詞の中には自殺の幻想を明示的に言及しており、最も有名なのは、「時々私は川に飛び込んで溺れるという素晴らしい考えを持っている」である。

ということで Lead Belly を聴いてみましょう。

Leadbelly - Goodnight Irene


まあ、素朴な感じがしますが、良く知ってる曲で違和感はないです。
次のミシシッピィ・ジョン・ハートは4拍子で2フィンガーっぽいギターでちょっとせわしないですね。

Mississippi John Hurt - Goodnight Irene


実は、ミシシッピィ・ジョン・ハートって、あまり良さが分からないんです。。

次はクラプトンでなかなかの演奏でした。

Eric Clapton - Good Night Irene


最後はミスター・アメリカンミュージックのライ・クーダーです。
キーボードはなんか見たことある人、、あのヴァンダイクパークスでした。はっぴぃえんどの「さよならアメリカ さよならニッポン」に参加してますよね。それからドラムはジム・ケルトナー、など豪華です。

Ry Cooder - Goodnight Irene


アコーディオンがテックスメックスっぽくて本当に素敵な演奏でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント