「2章 クラインゴードン場(14)」の数式の検討

記事「2章 クラインゴードン場(14)」に出てきた数式をチェック検討します。   という「2章 クラインゴードン場(9)」で出てきた結果で、まず後半の消滅演算子の関係式に注目します。   よって   同様に   よって   また、      同様に    …
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(78)

1.コンピュータのしくみⅠ 「論理回路編」2020 これは、放送大学の mooc OUJ-MOOC の同名講座と同じ内容だと思います。 まあ5年も前なので、おさらいという意味で受講してみました。 しかし解せないのは、確認テストに出題ミスがあり、本日のメンテナンスでやっと訂正するとのこと。確認テストはすくな…
コメント:0

続きを読むread more

2章 クラインゴードン場(14)

"2.4 The Klein-Gordon Field in Space-Time" の2回目を読んでいきたいと思います。 と の時間依存性は、生成および消滅演算子の観点から記述することにより、よりよく理解できます。最初に、任意の に対して   および   であることに注意してください。同様の関係…
コメント:0

続きを読むread more

「安全学入門」を再度受講することにした

とりあえず先週修了証を貰ったので(23) で示したように Fisdom の 安全の共通理念を学ぶ 安全学入門 という講座は修了証を貰っているのですが、レポートの点数があまり良くないので、トータルでは83点でした。その後この講座が「理工系基礎科目」に組み入れられたので、再受講するか?躊躇していたのですが、受講してみることにしました。今回は…
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 (3/18~5/5)状況

NHK「特設サイト_新型コロナウイルス」を参考にグラフ化ました。これは個人的なまとめなので、正確なところをお知りになりたい場合はご自分でソースにあたって下さい。 まず累積ベースでは 累積ベースで 感染確認と退院の差です。 増分ベースでは 死亡/感染は 生データ(黄…
コメント:0

続きを読むread more

「2章 クラインゴードン場(13)」の数式の検討(その2)

記事「2章 クラインゴードン場(13)」に出てきた数式をチェック検討します。 今回は、基本に戻ってハミルトミアンを計算します。 まず、ラグランジアン密度は   共役運動量は   ハミルトミアン密度は         よって、 ハミルトミアンは   となります。 したがって、 …
コメント:0

続きを読むread more

「2章 クラインゴードン場(13)」の数式の検討(その1)

記事「2章 クラインゴードン場(13)」に出てきた数式をチェック検討します。 その前に、交換関係をおさらいしておきましょう。     これを前提に計算すると、            また      から               同様に     さらに …
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(77)

gacco「pt037 Web・インターネットの基礎知識~新たな常識とルールを学ぶ~」 これは確認テストもなく、講義動画を視聴すればOKなので、まあ全部見ましたという証拠です。 まあ新しい知識というのはなかったし、確認テストが全然無いというのもモチベーションが上がりませんね。
コメント:0

続きを読むread more

加藤和彦氏のライブ音源

ミカバンドより前の 加藤和彦氏のソロって意外と好きなんです。 まず初期のドノバンを思わせる如何にもフォークという曲です。 もしも もしも もしも 加藤和彦 ライヴ 次の曲はマイナー5度進行で、後で「目覚めたときには晴れていた」なんかで盛んい使われるコードパターンですね。「別れの朝」なんかもそうです。なので、そん…
コメント:0

続きを読むread more