T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 空洞輻射のおさらい(2)

<<   作成日時 : 2018/07/03 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前記事の結論を書いておきましょう。

 

つまり、 は進行波の重ね合わせであり、各成分波の振幅が で、 の時の位相が ということになります。
これは各成分が1個の調和振動子であり、振幅と初期位相を与えればその後の時間発展が確定します。

ここで、

 

という量を考えて、これの2乗を について 内で積分することを考えます。ここで、

 

なので、

 
  
  

ここで、

 

つまり

 
  
  

なので、

 
  
  
  
  
  
  
  
 
  

となります。まとめると

 

この式は後ほどエネルギーを計算する際に使います。
長くなりましたので、今日はこの辺で。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空洞輻射のおさらい(2) T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる