T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 平坦性問題について wikipedia を読んでみる(5)

<<   作成日時 : 2018/04/11 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

"Flatness problem" の最後で、今回は「ポスト-インフレーション」と「Einstein–Cartan 理論」です。

[ポスト-インフレーション]-------------------------------------------
インフレーション理論は大きな成功を収めたと見なされており、その証拠は魅力的だが、普遍的に受け入れられるわけではない。宇宙論研究者は、理論にまだギャップがあることを認識しており、将来の観測がそれを反証する可能性がある。特に、インフレーションを引き起こす分野が何であるかについての確固たる証拠がない場合、理論の多くの異なるバージョンが提案されている。これらの多くはパラメータや初期条件を含んでいるが、初期密度がインフレーションを伴わずに行うように、微調整が必要である。

これらの理由から、平坦性問題の代替解決策についてはまだ研究が進められている。これらには、ダークエネルギーと重力の影響、振動する宇宙における粒子生成、問題が存在しないと主張するベイジアン統計的アプローチの使用の非標準的な解釈が含まれている。後者の議論は、例えばEvrardとColesによって提案されているように、Ωが1に近いという考え方は、必ずしも正当化されない可能性のあるパラメータの分布に関する仮定に基づいていると考えている。この進行中の作業にもかかわらず、インフレーションが、平坦性問題の支配的な説明にとどまっている。
---------------------------------------------------------------------


[Einstein–Cartan 理論]----------------------------------------------
平坦性問題は、インフレーション理論で必要とされるエキゾチックな形の問題なしに、Einstein - Cartan - Sciama - Kibbleの重力理論によって自然に解決される。この理論は、アフィン接続の対称性の制約を取り除き、その非対称部分であるねじれテンソルを動的変数として取り除くことによって、一般相対性理論を拡張する。ここには自由パラメータはなく、ねじれを含むことは、重力の存在下での物質の全周(軌道+内在)角運動量に対する正しい保存則を与える。非線形ディラック方程式に従うねじれとディラックスピンの最小結合は、非常に高密度のフェルミニック物質において重要なスピン - スピン相互作用を生成する。このような相互作用は、非物理的なビッグバンの特異性を避け、宇宙が収縮していた有限の最小スケール因子でバウンスに置き換える。大きなバウンス直後の急速な拡大は、なぜ最大スケールの現在の宇宙が空間的に平坦で均質で等方性であるのかを説明している。 宇宙の密度が減少するにつれて、ねじれの影響が弱まり、スムーズに宇宙は放射支配時代に入る。
---------------------------------------------------------------------

このEinstein–Cartan 理論というのは、よく分かりませんね。もう少し調べてみる必要がありそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平坦性問題について wikipedia を読んでみる(5) T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる