T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 3Dプリンタとデジタルファブリケーション(キャンパス編)の第1週の課題

<<   作成日時 : 2015/11/03 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今 gacco のga041: 3Dプリンタとデジタルファブリケーション(キャンパス編)を受講していますが、第1週の課題の提出期限が過ぎましたので、備忘録として私の作品をUPしておきます。

-----------------------------------------------------------------------
【テーマ】
身の回りのものの寸法を測ってみる

【課題内容】
今週の講義はいかがだったでしょうか。講義の中でも出てきたように、3Dプリンタを使うためにはまず、3Dデータを作る必要があります。
その作業のことを一般的には「モデリング」と言います。

皆さんの多くは小さい頃からスケッチやドローイングは行ったことがあるかと思いますが、そういった作業では、人間が目で見えたとおりにその物体を描いていくことに主眼が置かれます。

それに対して、モデリングというのは、コンピュータや工作機械が理解できる形で、形の情報を作り上げていくことが重要となってきます。
そこで重要になってくるのは「寸法」です。

たとえば、講義の中で行ったような、既存のものに取り付けるアタッチメントを作るときは、 まずその既存のものの寸法をキッチリ把握する必要があります。

というわけで、みなさんには、その第一歩として、「身の回りのものの寸法を測ってみる」 という課題を出したいと思います。 身の回りのものを何か選んで、その寸法を正確に測りとり、「寸法図」としてまとめあげ、それを画像データとして提出してください。手書きでも、ソフトウェアで清書したものでもかまいません。

この課題を行う際には、寸法を測る道具の選択が重要となってきます。一般的に使われる定規に加え、部品などの寸法を正確に測りとる、ノギスという道具、また大きな机や椅子を測るためのメジャー、また人体や曲面を測定するために柔らかい素材で作られた巻き尺など、その種類は様々です。色々な寸法を取るための道具をよく知って、図りたい対象に適切な道具を選択し、寸法図というものを作ってみてください。

【寸法図作成時のポイント】
まずは、適切に寸法図をアップロード出来るかどうかが最初のポイントとなります。そのうえで、寸法図は、何より適切に、正確にその寸法が取れているかが重要です。また、たとえばパイプを測るのであれば、その太さだけでなくパイプの厚さも重要となります。不明な寸法がひとつでもあると、この寸法図を使って「モデリング」をする際に正確に作れなくなるため、測り漏れのないよう注意を払ってください。

そのうえで、以下のポイントに注意を払ってください。

1. 相互に講評を行うため、寸法図の中に「個人情報」は含めないでください。
2. 画像などを転載する場合は必ず出典を含めてください。
3. レポート(文章)入力欄には、必ずどんな道具を用いたかを明記してください。
4. 絵や図を用いて、誰が見てもわかりやすい表記を心がけてください。

【課題提出方法について】
テーマに沿って、紙やノートに、その内容をまとめ、それをカメラやスキャナを利用して画像データ化し、提出してください。また使い慣れたソフトウェアで画像を作成、編集してもかまいません。

その際、以下の点に注意をしてください。

1. 課題提出には「レポート(文章)」、「画像データ」の両方の提出が必要となります。  
・「レポート(文章)」には、用いた道具を明記してください。
 (レポートの記載が無いと課題の提出が出来ません)
・「画像データ」には、寸法図に測った寸法を記載してください。

2. 画像の形式は指定を守ること。画像の形式(拡張子)は以下のものに限ります。
・bmp (モノクロビットマップ)
・bmp (16色ビットマップ)
・bmp (256色ビットマップ)
・bmp (24ビットビットマップ)
・jpg (JPEG)
・gif (GIF)
・png (PNG)

3. 画像サイズは、4MB以内とすること。

4. 2と3を守ったうえで、相互採点者のPCやスマートフォンでも無理なく採点が行えるよう、解像度などに配慮しつつ、見やすい画像ファイルにすること。

この課題はデジタルデータのリテラシーを身に付ける目的もあります。画像データの作り方に際して、なにかわからないことがあったとき、まずはインターネットなどで調べてみてください。それがきっと「学び」となります。大変だと思いますが、みなさんの課題提出を楽しみにしております。
-----------------------------------------------------------------------

[私の解答]--------------------------------------------------------------
カップラーメンの容器のサイズを測定してみました。
(CADではなく、フリーの描画ソフトを使用しているので形状は正確ではありません。)

測定器具:
@ メジャー: ART WHITE CONVEX RULE W-551 5m×16m/m
A ミニノギス: シンワ K1916528

画像

-----------------------------------------------------------------------

相互採点で、満点の12点をいただきました。採点者のみなさま、ありがとうございます。
今回は比較的簡単な課題でしたが、今後はどうなるか?分かりません。
ちょっと修了証が貰えるか?不安なんですが、、





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3Dプリンタとデジタルファブリケーション(キャンパス編)の第1週の課題 T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる