T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS gacco の理系新講座のご紹介

<<   作成日時 : 2014/10/12 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Massive open online course(MOOC)の日本版JMOOC、具体的にはgacoo(大学教授陣による本格的な講義を、
誰でも無料で受けられるウェブサービス)
の講座をときどき勉強しています。
現在まで「ga001 日本中世の自由と平等」「ga002 インターネット」「ga003 国際安全保障論」は修了証をいただいており、「ga007 俳句−十七字の世界−」は現在受講中ですが、課題は合格点をとっているので、10/中ごろ修了証を貰える予定です。ここで理系に近いのは「ga002 インターネット」ですが、今後開講予定の講座に理系のものが増えてくるので、それを紹介させていただきます。


全体的には講座一覧で分かるのですが、私なりに理系的興味のある講座を選んでみました。

[開講日が決定している講座]===============================================
(1) ga011: 化学生命工学が作る未来 2014年10月23日開講

 講座内容:
 本学の化学生命工学部では、化学・生命・マテリアルをキーワードに、21世紀の「ものづくり」と「先端技術」の発展に貢献できる研究に邁進しています。この講座では、その最前線で活躍する4名の研究者が、4週間にわたり、それぞれの専門領域について講義を行います。この講座の受講を通して、これまでになかった「もの」を発見・創造し、人々の暮らしやいのちを守る化学生命工学の学問領域が、実は受講者の皆さんにとって非常に身近なものなのだということを実感してみませんか?

 第1週:安心できる未来の鍵を握る金属材料・無機材料 講師:上田 正人(英国ケンブリッジ大学客員研究員)
 第2週:分子を設計する・分子レベルで考える蓄電技術で エネルギー問題へ挑戦 講師:石川正司(関西大学先端科学技術推進機構長) 
 第3週:化学の力で先端医療を支える 講師:岩ア泰彦(関西大学化学生命工学部准教授)
 第4週:多彩な生命科学・基礎と応用 講師:河原 秀久(関西大学化学生命工学部教授)


(2) ga014: 統計学T:データ分析の基礎 2014年11月12日開講

 講座内容:
 本コースでは、データ分析の基礎を学習する。コースは、身近なデータの具体的な例をあげながら、その種類の違いを理解しそれぞれに適した処理法やグラフ・表による整理の方法を学ぶ部分と、データが持つ特徴やデータ間の関連性を説明するために、数値を用いたデータの要約の方法を学ぶ部分から構成されている。また、統計の活用が、特に公的な場で、どのようになされているのかを学習する。

 第1週:統計学への誘い
 第2週:統計グラフと質的データの要約
 第3週:量的データの要約
 第4週:相関と時系列
 第5週:公的統計の活用とまとめ

 講師:
 竹村 彰通:東京大学大学院情報理工学系研究科 教授
 下川 敏雄:山梨大学大学院医学工学総合研究部 准教授
 酒折 文武:中央大学理工学部数学科 准教授
 中山 厚穂:首都大学東京大学院社会科学研究科 准教授
 奥田 直彦:総務省統計局統計情報システム課長


(3) ga018: 人とロボットが共生する未来社会 2014年12月11日開講

 講座内容:
 本コースでは,近い将来に訪れると期待されるロボット化社会において,我々人間は何を学ぶのかを議論し,ロボットと人間の深い結びつきについて学ぶ.本コースでは,人間理解を伴う日常活動型ロボットの代表的なものとして,人間に酷似したロボット,いわゆるアンドロイドの研究開発を例に取りながら,その研究開発紹介すると同時に,その研究開発を通して,どのように人間に対する理解を深めていけるかを議論していく.特に,人間の存在とは何か,心とは何か,感情とは何かという,人間にとって重要であるが答えが簡単に得られない問題について,アンドロイド研究がどのような哲学的考察をもたらすか議論する.このコースの講義を通じて,今後我々はどのようなロボット社会を迎えようとしているのか,そしてそのロボット社会において我々は何を学ぼうとしているのについて,考える機会を持っていただきたい.

 第1週:ロボット社会
 第2週:アンドロイド
 第3週:人とロボットの関わり
 第4週:ロボットの進化と人間

 講師:石黒 浩:知能ロボット学者、大阪大学教授(特別教授)・ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)


(4) ga019: よくわかる!iPS細胞 2015年01月14日開講

 講座内容:
 この講義では、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授が開発した「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」について、基礎知識から医療応用への課題まで概説します。講師は、山中教授が所長を務める京都大学iPS細胞研究所の国際広報室メンバー。研究の最前線から、分かりやすくお伝えします。講義の終了後、ニュースや新聞でiPS細胞に関する情報を目にした時に、ご自身の知識の深まりを実感いただけると思います。この講座を通して、多くの方と新しい医療への道のりを共有できればと考えています。

 第1週:iPS細胞とは
 第2週:再生医療への応用
 第3週:創薬への応用
 第4週:iPS細胞研究を支える仕組み

 講師:京都大学iPS細胞研究所 国際広報室;中内 彩香、野口 悦、渡邉 文隆、和田濱 裕之


(5) ga020: ブラックホール入門 2015年01月15日開講

 講座内容:
 この講座では、まずは、ブラックホールとはどういう物なのか、そしてそれがどんな性質を持つのか、できるだけ分かりやすく説明します。また、星の進化とブラックホールの関係を説明します。ブラックホールを観測する手段として、X線による天体観測が大変有効です。このX線で天体観測をする分野「X線天文学」は、日本が世界を先導している分野です。そして、ブラックホールの観測も、日本が世界を先導しつつ活発に行っています。日本の得意技と言ってよいでしょう。この講座では、X線によるブラックホールの観測を説明します。 

 第1週:ブラックホールとは
 第2週:ブラックホールの性質/星の進化とブラックホール
 第3週:X線で輝くブラックホール 1
 第4週:X線で輝くブラックホール 2

 講師:北本 俊二;立教大学理学部物理学科教授
===================================================================

この中でのイチオシはなんと言っても「(5)ga020: ブラックホール入門」でしょう。
また個人的趣味からは「(2)ga014: 統計学T:データ分析の基礎」ですね。この内容は統計学講座としては目新しいものではないのですが「e-Statの使い方」が分かると政府系の統計をいじるのに便利なのです。
これ以外にga016: イノベーション入門 −技術経営の活かし方−というのもあるんですが、ここではビジネス関係はオミットしました。


[開講日が未定の講座]===============================================
(1) 脳と創造性 Creativity and the brain 2015年2月 開講予定

 講座内容:文明を推進しイノベーションをもたらす「創造性」は天才だけの能力ではない。本講座では、我々が「創造性」を制し、発揮するための「脳科学」を明らかにしていく

 講師:茂木 健一郎


(2) 物理法則プログラミング入門 2015年3月 開講予定

 講座内容:ここちよい「動き」を物理法則とプログラミングを活用して画面上に作る方法を解説します。「数式」で「動き」を作るにはどうしたらいいのか、JavaScriptを活用して順序立てて解説します

 講師:古堅 真彦(武蔵野美術大学)  
===================================================================

モギケンさんの専門的な真面目な話が聞いたことがないので、どんなもんなんでしょうかね?試しに見てみよう位の興味です。

「(2)物理法則プログラミング入門」のほうは興味津々です。プログラミング出来ると楽しいですからね。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
gacco の理系新講座のご紹介 T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる