T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS スナイダーの時空量子化(1)

<<   作成日時 : 2011/12/13 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

『量子重力理論とはなにか』(竹内薫著・ブルーバックス)を読んでいますが、ちょっと数式を追ってみようという程度の記事です。時空の量子化などという大それた議論を私レベルでは扱えませんので、質問されても答えようがありません。。

まず、ドジッター宇宙の計量が出てきます。これは「あれ?ドジッター宇宙とアインシュタイン・ドジッター宇宙は違うモデルだっけ?」http://teenaka.at.webry.info/201112/article_4.html に書いてあるように、



です。
ここで、次のような変数変換を考えるとのことです。











微分を考えると、

















となります。
計算のし易いところから考えると、































なので、















となり、最終的に





となります。

つまり、こういう変数変換でドジッター宇宙を5次元のミンコフスキー空間と見なすことが可能ということになります。

計算だけで疲れてしまったので、今日はこの辺にしておきます。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ド・ジッター宇宙の5次元ミンコフスキーの擬球化をもう一度
EMANさんの談話室で、当ブログ記事「スナイダーの時空量子化(1)」 http://teenaka.at.webry.info/201112/article_13.html が引用されていました。質問されている方の疑問を払拭できないのですが、もう少し考えてみます。 ...続きを見る
T_NAKAの阿房ブログ
2012/02/02 17:37
ド・ジッター宇宙の計量の変数変換について
EMANさんの談話室で、掲題の件について質問されている方がいらっしゃるので、少し考えてみました。 当ブログ記事「スナイダーの時空量子化(1)」 http://teenaka.at.webry.info/201112/article_13.html が引用されていましたが、納得されたのかは分かりません。少し質問内容とはズレているので、仕方がないと思います。 「スナイダーの時空量子化(1)」とは表現が少し違いますが、変数変換で同じものであることは「ド・ジッター宇宙の5次元ミンコフスキーの擬... ...続きを見る
T_NAKAの阿房ブログ
2012/02/03 07:49
インフレーションと原始重力波の最初の直接的な証拠(2)
掲題の件を続けます。とねさんの記事「昨夜の発表の感想: 宇宙誕生時の「重力波」観測 米チームが世界初」のコメント欄で「E-モード」「B-モード」は何の略だろう?という疑問が出てきました。まず、そこから調べてみました。 ググると、A CMB Polarization Primer Wayne Hu and Martin White, Princeton 1997の中のElectric and Magnetic Modesの最初の文が ...続きを見る
T_NAKAの阿房ブログ
2014/03/25 11:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スナイダーの時空量子化(1) T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる