テーマ:プログラミング

機械学習ノート(2-2)

前記事は実際のデータを使ったのですが、sklearn.datasets にあるものを利用しました。 実際の状況でが外部からデータを取り込むのが普通でしょう。それを考えて、ここでは同じデータ内容ですが、ファイルからデータを読み取って対処しています。忘れてしまうので備忘録として書いておきました。 まず、ネットからデータを貰って次のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機械学習ノート(2-1)

やはり、実際のデータを使って線形回帰をやってみました。 と言っても、ここでもアヤメのデータですが。。 import sklearn.datasets as datasets import matplotlib.pyplot as plt iris=datasets.load_iris() X=iris.data[:,[…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(59)_理工系基礎科目コンプリート

先週はFisdomで1件、AsukaAcademyで1件修了証をいただきました。 1.Python入門 2019 私は[MIT] Python入門と[MIT] コンピュータサイエンスとプログラミング入門でPythonを勉強しましたが、それでも知らないことがあることをこの講座で気づかされました。なので、受講して良かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(58)

先週は Fisdom の講座の修了証を頂きました。 1.未経験者のためのPHPとMySQLを用いたWebデータベースシステム入門 2019 これは、ある在庫管理用のWebを一から作っていくというものでした。 これ自体はエクセルを上手く使えばオフラインで実装できる程度のものですが、これを(ApacheとMySQLを搭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(57)

先週は Fisdom の講座の修了証を頂きました。 1.Webで学ぶ JavaScript2019   Visual Studio Code を使ってJavaScriptを勉強する講座でした。このVisual Studio Code を今一つ理解していないので、アラームが出たりして躓きました。そういうときは、js を直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(56)

先週は Fisdom の講座の修了証を頂きました。 1.Pythonで学ぶビジネスデータ分析入門 2019 具体的には、Deep Learningまでは行かない機械学習の勉強で、jupyter Notebook を使って Python というよりも、pandas や scikit-learn などの応用ですね。ちょっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Python 関連で演習問題など(2)

今回は残りの「線形重回帰 演習2」をやってみます。 [演習問題]----------------------------------- 線形重回帰 演習2 3. "03_iris.csv" を DataFrame として読み込み、品種名が "Iris-setosa"のもののみ取り出す。 4. 品種名が "Iris-s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Python 関連で演習問題など(1)

「JMOOCの新規理工系基礎講座」で紹介した「Pythonで学ぶビジネスデータ分析入門」を受講しています。7単元までありまして、現在6単元を勉強中です。この6単元と7単元のヴォリュームが多いのでなかなか進みませんが、その中で演習問題があったので、一応正解を見ないでやってみました。 [演習問題]-------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(46)

Asuka Academy の 「[MIT] コンピュータサイエンスとPython入門 Part 1」 の修了証を頂きました。 これは 6.0001 Introduction to Computer Science and Programming in Python の前半を日本語化したもので、1コマ50分×6回で全部で5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MIT-Python 講座の 問題集0 をちょっと訳す

「[MIT] コンピュータサイエンスとPython入門 Part 1 」が始まってますが、「10問の修了認定テストにて(リトライなしで)80%以上の正解率」という修了条件がちょっと厳しく、修了証を貰えないかもしれません。まあ目的はプログラミング能力向上なのでそれでも良いと思っています。この講座は "Introduction to Com…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平均光子の任意個数の状態を(Python3 で)描くことを考える

「PCアプリ環境が古くて授業についていけない、、、」で Python3 が上手く動きませんでした。ブルーバックス「入門者の Python」を入手したので、この本にしたがって Anaconda を再ロードして Spyder 環境で Python3 を少しずつ動かしています。 さて、以前に Python2 で書いていたプログラムがそのまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rでちょっと練習(1)

ちょっと簡単な練習をしてみます。参考データは「天皇の一覧」の神武天皇から孝明天皇の享年を使いました。つまり初代から121代の天皇のデータです。 まず、区間数などのパラメータを与えずにヒストグラムを描いてみました。 享年が100歳を上回る方々がいらっしゃるのは不自然ですね。これが正規分布とどれだけフィットするかを QQ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rを使って分散分析をしてみた

まあせっかく『統計ソフト「R」超入門 』 を読んだので、「ダーウィンのデータ(3)」を使って分散分析をしてみました。結果がこの「ダーウィンのデータ(3)」と同じにならないと拙いでしょう。。それを確かめました。 まず、エクセルのデータを書き直しました。 これをRにインポートします。Excel ファイルからインポートは簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『統計ソフト「R」超入門 』 を読んだ

先月、『統計ソフト「R」超入門 』というブルーバックスの新刊が出ていました。統計解析をするためにいろいろなソフトウェアツールがありますが、無償で一般性があるのはやはり「R」なんでしょうね。何年か前にちょっとやってみようと思っていたのですが、ダウンロードしただけで中々始められませんでした。コマンド入力とか、ちょっとやってられないと感じたか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

p-ノルムを計算するプログラム

暗黒通信団の『"距離"のノート』という小冊子を眺めていますが、そこで掲題のp-ノルムというのが出てきます。 この本で、a1=1.4、a2=2.1、a3=5.7 の場合の p=1~7 の値が表になっていました。 手慰みのために、これを計算するためのプログラムを作ってみました。 まず、p-ノルムの定義です。   プログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整数論関連の問題はちょっと弱い。。

これも数検1級の問題ですが、こういうのはどうやって解いていいものやら、、 問題: 正の整数 に対して   とする。このとき、 の中に異なる整数は何個含まれるか? ただし、 は実数 に対して、 以下の最大の整数を表す。 考察: ちょっと計算すると、  、  、   、  、  …… ………
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ベクトルの外積を計算する問題

これも数検1級の問題ですが、これはそんなに難しくないのでプログラム化も考えてみました。 問題: 3つのベクトル   について、 を求めよ。 解: このレベルだと定義通り順番に計算した方が良いのか? という公式を使った方が良いのか?迷うところです。とりあえずこの公式を使うと、       順番に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(26)

先週は Fisdom の講座1つの修了証を頂きました。 1.誰でも教えられる! プログラミング授業 政府が、小中学校で2020年からプログラミングを必修化しようとしていますが、これを教える立場の先生への教育というスタンスのようですね。 プログラミング教育の意義・目的の説明 → 授業の準備の方法 → プログラミングの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平均光子の任意個数の状態を描くことを考える

光子0個、1個、2個、3個、…、に平均αの2乗個のポアソン分布の係数を掛けて線形結合式で分布状態を描けるプログラムを考えてみました。 これは、調和振動子モデルの固有関数を求めるプログラムと分布を描くプログラムを組み合わせたものです。αは実数を手入力することになります(例えば"1"ではなく"1.0"と入力)。 αが増えるにつれ波形がく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

pylab で自由落下のグラフを描く

Python でグラフを描く方法を忘れてしまったので、「自由落下時間における一般相対論とNewton力学の比較」を例にしておさらいをしてみました。 プログラム 結果グラフ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Python 再入門(23)

Lab 4: Control Flow with While の Problem 1 - Login security を読んでみます。 Problem 1 - Login security コンピュータサイエンスのセキュリティの重要な側面の1つは、ハッシュという概念である。テキストを取って、何とかそれを数値に変換する。 これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Python 再入門(22)

Lab 3: Control Flow with If-Else-Elif の Problem 2 - Cafe menu を読んでみます。 Problem 2 - Cafe menu 単純なカフェメニューを最初に表示し(下記の例を参照)、選択肢の番号を入力するようにユーザーに求め、適切な処置を印刷するか、または選択肢が有効では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Python 再入門(21)_2次方程式の解

一応、Notes and Worksheets は終わったので、Assignments を見て行こうと思います。 まず Lab 3: Control Flow with If-Else-Elif の Problem 1 - Checking for complex roots に2次方程式について書いてありました。 この内容には触ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Python 再入門(20)

6.189 Worksheet Session 9 の続きです。 Problem 2: Meaningful Names! 免責事項:この例は少し誇張されている。 後続のコースでプログラミングスタイルについて学ぶが、今印象付けるのは、意味のある変数名を使用することである。 何らかの理由ですべての変数が作成され、その変数の名前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Python 再入門(19)

今回から 6.189 Worksheet Session 9 を読んでいきたいと思います。 Problem 1: Common Errors 以下のコードの断片は、初級プログラミングの学生がよく犯したエラーを表している。彼らは何を間違っていたのか? 次の定義はすべてのコードの前に発生するものとする。 my_stri…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Python 再入門(18)

6.189 – Notes Session 8の続きを訳していきます。 Day 4: Tuples タプルはリストの不変のものである。 リストとは異なりタプルは変更できない。 なぜ/どこにタプルは役に立つのか? タプルを多次元データと考える - 変数に整数 5 を格納できるのと同じように、2次元座標(6、-3)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more