東洋思想ノート_中国古代思想_東洋の自然と人間(3)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 2.無用と有用との対立結合 「土をこねて器をつくる。その無に当たって器の用がある(当其無、有器之用)、戸や壁をうがって室をつくる。その無に当たって室の用がある(当其無、有室之用)」 器が器として役をなすのは、そのなかが空虚だからであり、部屋が部屋の役をす…
コメント:0

続きを読むread more

「放射線・放射能の科学」の最終レポート

「放射線・放射能の科学」の最終レポートの提出期限を過ぎましたので、私のレポートを備忘録としてUPしておきます。 [課題]======================================== 今回のMOOC「放射線・放射能の科学」に先んじて、工学研究院の原子力系教員が中心となって文科省の補助金を得て、2013年より…
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 (3/18~4/21)状況

NHK「特設サイト_新型コロナウイルス」を参考にグラフ化ました。これは個人的なまとめなので、正確なところをお知りになりたい場合はご自分でソースにあたって下さい。 まず累積ベースでは 累積ベースで 感染確認と退院の差です。 増分ベースでは 死亡/感染は 生データ
コメント:0

続きを読むread more

2章 クラインゴードン場(11)

"2.3 The Klein-Gordon Field as Harmonic Ocsillators" の6回目を読んでいきたいと思います。 量子状態のヒルベルト空間では、ローレンツ変換 がユニタリ として実装されます。 正規化条件(2.35)は、   であることを意味します。 この変換を演算子 に作用する…
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとモチベーションが下がってきたな。。

gacco の「放射線・放射能の科学」を受講して確認テストで合格点をとっていて、修了証は貰えます。ただレポートが残っていて、その改題は「北海道大学オープンコースウェアの原子力人材育成事業関連のオープン教材の一つを視聴し、その内容をまとめる」というものでした。締め切りが4/22で数日しか余裕がないのですが、また改めて原子力関連の講義を聴く…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国古代思想_東洋の自然と人間(2)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 <2>自然と人間 1.無名と有名との対立結合 無名=根源、 有名=現象 無名の根源=合理的把握を超える非合理性、しかし現象の合理的法則を内包している  → 単なる無ではない。限定を含む無限定性 無限定性を限定したものが有名の現象界 有名=…
コメント:0

続きを読むread more

東京感染状態を地区でパレート図にしてみた。

東京新聞 2020年4月12日 朝刊 の記事 の内容から、「都内の居住地別感染者数(4月10日時点の累計)」のデータを10万人当たりで引き直してパレート図にしてみました。 なお、「都外」「調査中」および「感染者がゼロの地区」のデータは抜いてあります。 赤縦線は私が描きましたが、ABCの3つのグループに分けられるように思え…
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 (3/18~4/14)状況

NHK「特設サイト_新型コロナウイルス」を参考にグラフ化ました。これは個人的なまとめなので、正確なところをお知りになりたい場合はご自分でソースにあたって下さい。 まず累積ベースでは 累積ベースで 感染確認と退院の差です。 増分ベースでは 死亡/感染は 生データ
コメント:0

続きを読むread more

「2章 クラインゴードン場(10)」の数式の検討

記事「2章 クラインゴードン場(10)」に出てきた数式をチェック検討します。 まず、デルタ関数の公式   ですが、( )内を入れ替えてもおなじなので、   とも書けます。さらに   と考えられるので、   から、   これを3次元まで拡張すると、   となりま…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国古代思想_東洋の自然と人間(1)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 <1>無は有を宿す 1.根源の知的把握を否定 『老子道徳経』 : 春秋時代に老子によって書かれたことになっているが、内容が儒教道徳批判が中心のため、儒教流行の後、春秋末期頃のものと考えられる。 「大道廃有仁義」(大道すたれて仁義あり) → 儒教…
コメント:0

続きを読むread more

古関裕而さんの曲でなんか似ているのを3曲リンク

朝どら「エール」が始まったのですが、このモデルになっているのが古関裕而さんですね。 古関さんの曲で、どうも同系と思われるのがあって、その3曲をリンクしてみました。 1949年「イヨマンテの夜」(作詞:菊田一夫、歌:伊藤久男、コロムビア合唱団) 1952年「黒百合の歌」(作詞:菊田一夫、歌:織井茂子) …
コメント:0

続きを読むread more

【高さ450m展望台 時間速く進む】(2)

さて、ここでは、 「高さ450メートルの東京スカイツリー展望台の時間は地上よりも1日に10億分の4秒速く進んでいる」というのが計算で求まるのか?ということにトライしてみましょう。 前記事の結果を再掲すると   なんですが、速度 v に関しては地上と高さ450メートルの東京スカイツリー展望台の自転の角速度は同じなんですが…
コメント:0

続きを読むread more

【高さ450m展望台 時間速く進む】(1)

「時間速く進むスカイツリー展望台 10億分の4秒、相対性理論実証」というニュースが飛び込んできて、コロナ騒ぎが無かったら、結構話題になっただろうと思います。 ブログ主は相対論関連の話題が好きなので、ここで取り上げたいと思います。 どういうことかというと、リンクをはった記事から引用すると、  「高さ450メートルの東京スカイ…
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 (3/18~4/7)状況

NHK「特設サイト_新型コロナウイルス」を参考にグラフ化ました。これは個人的なまとめなので、正確なところをお知りになりたい場合はご自分でソースにあたって下さい。 まず累積ベースでは 累積ベースで 感染確認と退院の差です。 増分ベースでは 死亡/感染は 生データ
コメント:0

続きを読むread more

SIRモデルを勉強する(1)

牧野淳一郎先生の科学 5月号掲載予定の「3.11以後の科学リテラシー」(新型コロナウイルスの流行の数理モデルによる現状の理解と必要な対策についての文章)がご厚意により臨時公開されています。それを読んで掲題のSIRモデルを勉強してみたいと思います。 キクマコ先生は「日本のようにPCR検査数が少ない状況でSIRモデルがどうとか言っても…
コメント:0

続きを読むread more

2章 クラインゴードン場(10)

"2.3 The Klein-Gordon Field as Harmonic Ocsillators" の5回目を読んでいきたいと思います になるように、真空状態を正規化するのは当然です。1粒子状態 も非常に頻繁に現れるため、正規化の規則を採用する価値があります。最も単純な正規化 (多くの書籍で使用)は、3方向のブース…
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(75)

広島から平和を考える 続編 これは「とりあえず先週修了証を貰ったので(53)」で紹介した「広島から平和を考える」の続編です。 シラバスは 第4回 平和への自覚:被災から復興へ 4-1. 冷戦の終結と地域紛争・内戦 4-2. 地域紛争・内戦への国際社会及び日本の取組 4-3. 広島ー平和の担い手として…
コメント:0

続きを読むread more