web で見つけた積分問題02_23

一応解答を見ずに考えてみます。 -------------------------------------- 定積分   を求めよ -------------------------------------- セオリー通りであれば、 という変換が有効でしょう。そうすると、   であり、積分範囲は から …
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国古代思想_合理精神の結晶と矛盾の発見(1)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 <1> 最初の中国論理学 ー 『墨子』 1.墨翟の『三表』の説 墨翟の「三表」 : 三種の論証法 (a) 本之者 (b) 原之者 (c) 用之者  (a) 本之者(これをもとずくる者) : 立論の根拠を求める論証    演繹法にあたる (b…
コメント:0

続きを読むread more

「2章 クラインゴードン場(3)」の数式の検討

記事「Peskin 2章 クラインゴードン場(3)」に出てきた数式をチェック検討します。 本当のところ、ここの数式はあまり難しくないので、簡単にします。      を使い、オイラーラグランジェ方程式から運動方程式を求めます。上式をもう少し詳しく書くと   なので、            …
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国古代思想_不合理の完全排除(3)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 <3> 知の限界の自覚 1.合理的態度の重要条件  孔子は実践における知性の重要さを認めたが、その知性は無制限に働くものではないと自覚していた    「由(子路の名)よ、お前に知るということを教えてやろう。知っていることを知っているとし、知らない…
コメント:0

続きを読むread more

2章 クラインゴードン場(3)

"2.2 Elements of Classical Field Theory" の2番目 "Hamiltonian Field Theory" の部分を読みます。 ハミルトニアン場の理論 すべての式は明示的にローレンツ不変であるため、場の理論のラグランジュ定式化は相対論的な力学に特に適しています。それでも、量子力学への移行…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国古代思想_不合理の完全排除(2)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 <2> 「知命」の説 1.運命を自覚し運命に従う?  正名 : 方法論 ⇔ 知命 : 認識の内容  「五十にして天命を知る」  「命を知らざれば、以て君子たるなし」  命を知る=自己の自由にならない運命を知って、それに従順に従うこと …
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず先週修了証を貰ったので(71)

[Google]はじめてのデジタルマーケティング 実は事例から学ぶデジタル・トランスフォーメーションというのを受講しようと思っているのですが、関連がありそうなので、受けてみることにしました。 結果、これは Google のPRというもので、お店を経営しているような人には有効かも知れませんが、私にはあまり関係の無いものでし…
コメント:0

続きを読むread more

「2章 クラインゴードン場(2)」の数式検討

記事「Peskin 2章 クラインゴードン場(2)」に出てきた数式をチェック検討します。 実際のところ変分の説明なので、検討する必要もないのですが、一応やってみます。   ということでラグランジアン密度が と の関数なので、変分は    となるのは当然でしょう。ここで、   から   …
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国古代思想_不合理の完全排除(1)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 初期儒教(孔子の儒教)『論語』の三つの基本的態度 ① 「正名」の思想 ② 「知命」の思想 ③ 知の限界の自覚  <1> 「正名」の説 1.名を正すことは政治の第一歩  「必ず名を正さんか」(必也正名手) ① 名が正しくなければ、言…
コメント:0

続きを読むread more

2章 クラインゴードン場(2)

ここで、理論展開の内部に入っていきます。"2.2 Elements of Classical Field Theory" の出だしと最初の "Lagrangian Field Theory" の部分を読みます。 2.2 古典場の理論の要素 このセクションでは、量子場の理論のその後の議論で必要になる古典的な場の理論の形式主義の…
コメント:0

続きを読むread more

三重大学の奥村晴彦名誉教授のページのPythonコードを実行してみる

新型コロナウイルスCOVID-19のグラフ化のPythonコードが示されていたので、実行してみました。 後半はちょっと省略します。 さてこの様なデータはS字型の成長曲線を描くことが多いです。初期は徐々にしか増加しませんが、その後は指数関数的に増加し、少し経過すると変化が緩やかになるものです。このデータもちょう…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国古代論理思想の概要

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 今までは中国仏教について学んできましたが、これはインドからの外来思想が中国化したものでした。これからは中国で独自に現れた古代思想についての論理について学びます。  中国古代思想に占める論理の位置 1.独自な概念の論理学 中国古代思想には、もとも…
コメント:0

続きを読むread more

朝カル立川教室「ダークマター・ダークエネルギーを深掘りする」受講記録

掲題の講座を受講してきましたので、自身の記録として記事にしておきます。 講座名 : ダークマター・ダークエネルギーを深掘りする 講座案内 : ダークマター、ダークエネルギーというキーワードは、その語感からか、多くの人々の口に上ります。ただし、それらの概念がなぜ必要なのか、どういう役割を果たすものなのかについて、真に関心を…
コメント:0

続きを読むread more

「2章 クラインゴードン場(1)」の数式の検討

記事「Peskin 2章 クラインゴードン場(1)」に出てきた数式をチェック検討します。 とりあえず、運動エネルギーをニュートン力学で書いた場合を検討します。   なので、            ここで{ }の中を見ていくと、               よって   …
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_多様性の統一(14) 

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです 3.無(普遍の理)の自己表現 ライプニッツの単子 : 実体  神 : 人格的な創造神   ↓ (根本的に異なる) 華厳の事 : 現象ではあるが実体ではない  廬舎那仏(絶対者) : 普遍の理であって天地創造をなす人格神ではない 相即相入は実体な…
コメント:0

続きを読むread more

2章 クラインゴードン場(1)

基本なので、続けて読んでみます。 2.1 場の視点の必要性 場の量子論は、場の動的システムへの量子力学の応用であり、粒子のシステムにおける基本コースと同じ感覚です。これは、素粒子物理学の現在の状態を理解するために絶対に不可欠な主題です。いくつかの修正を加えて、私たちが議論する方法は、原子物理学、核物理学、および凝縮物性物理学…
コメント:0

続きを読むread more

東洋思想ノート_中国仏教_多様性の統一(13) 

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです <4> 仏教思想の頂点 ー 性起 1.すべては絶対者のあらわれ 華厳思想は全仏教の頂点 解脱の体験という非合理なものを、事事無礙・相即相入という論理で的確に合理化 この思想には困難な点がある ① 解脱の体験を求める仏教が思弁の末に走ったた…
コメント:0

続きを読むread more

宇宙論のおさらい(3)

前記事の(5)式を再掲しましょう。   未来の宇宙膨張のことを考えると、   これにいろいろなパラメータを入れて解くと、 宇宙の未来について(1)  宇宙の未来について(2) 宇宙の未来について(3) 宇宙の未来について(4) ということになります。グラフを描くことを考えたのが次の記事です。…
コメント:0

続きを読むread more