ハイゼンベルク形式による調和振動子(1)

「ハイゼンベルク形式による量子力学」という本を持っているのですが、その「調和単振動子」の章を勉強してみます。 この本の表現なんですが、演算子にハット(\(\hat{\;}\)) を付けてないので分りづらいのと、複素共役の意味での (*) をエルミート共役の意味でも使っています。気が付いたところでは (\(\dagger\) ) に…
コメント:0

続きを読むread more