熱力学(4-10)

「クラペイロンの式」を続けます。

クラペイロンの式の応用例: 沸点および標準圧力における、水蒸気の \(dp/dT\)
 データ:

 
   
 
これを代入すると
 

ここで、


から


となります。

ここで、\(v_{2}\) に比べ \(v_{1}\) が無視できるとするとクラペイロンの式は


となり、蒸気が理想気体とすると、分子量 \(M\) の気体 \(m\) グラムの状態方程式は


なので、1グラムの蒸気に対しては


であり、


なので、変形すると


で、積分すると


すなわち


この式は蒸気圧が温度によって変わる様子を大まかに示すものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント