筒美京平選(3)

次は太田裕美さんの歌を選びたいと思います。wikipediaによると、初期シングル12枚(「失恋魔術師」だけは吉田拓郎氏の作曲)は全て筒美京平先生の作品ですので、その中からリンクしましょう。 「雨だれ」 太田 裕美(当時19歳) 太田裕美 - タンポポ 太田裕美 - 夕焼け - 1975 太田裕美 木…
コメント:0

続きを読むread more

熱力学(1-1)

まず第1章から少しずつ読んでいきます。 [目次]------------- 第 I 章 熱力学的な系 1.系の状態および過程  化学的に一種類の一様な流体からなる成る系  化学的に一種類の一様な個体からなる成る系  数種類の化学的成分の一様な混合物から成る系  一様でない系  動いている部分を含む系  2.理想気…
コメント:0

続きを読むread more

BHと光速度_続・相対論の正しい間違え方を読むために(2)

前回の続きです。 今回は光ではなく、物体が落下する場合を考えます。 まず、設定として 「BHの中心より距離 \(r_{a}\) 離れた場所から速度ゼロで落下し始めた物体を、距離 \(r_{b}\) まで観測した場合、この落下を \(r_{a}\) の位置に留まってみた場合の経過時間を \(t_{a \to b}\) とし、とも…
コメント:0

続きを読むread more

BHと光速度_続・相対論の正しい間違え方を読むために(1)

今回は「続・相対論の正しい間違え方」の P60~64 辺りで扱っている数式について考えてみます。 \(Schwarzschild\) 計量を西海岸方式で書くと   BH外側の任意位置の場所に留まっている観測者にとっては、\( r,\theta ,\phi\) はすべて一定なので、その固有時は   なので、…
コメント:0

続きを読むread more

「フェルミ熱力学」の序論を読んだ。。

標題の「フェルミ熱力学」をブックオフで入手したのでまず序論だけ読んでみました。よく見たらここにも全文が掲載されていました。 とりあえず、まとめてみましょう。 熱力学の扱う範囲 : 熱 ⇔ 機械的仕事 の変換を主に扱う 熱はエネルギーの一形態 : 他の形のエネルギーに変えうる  1824 カルノーは「熱⇒仕事」変換する…
コメント:0

続きを読むread more

筒美京平選(2)

ここはどうしても南沙織さんの歌を選びたいと思います。wikipediaによると、初期シングル14枚(「カリフォルニアの青い空」だけはカヴァー)は全て筒美京平先生の作品ですので、その中からリンクしましょう。 71'「17才」72'「純潔」73'「色づく街」74'「夏の感情」75'「人恋しくて」南沙織 復活! 南沙織 ワンマンシ…
コメント:0

続きを読むread more

LaTeXの練習(4)

今回は③です。 [③]---------------------------------------------- 4.定数を想定 式 (14) では左辺 \(=v\) のみの関数、右辺 \(=u\) のみの関数ということになります。これが等号で結ばれているということは、式(14)の示す値が『定数』であることを…
コメント:0

続きを読むread more

重力ポテンシャルのまとめ

今回は「続・相対論の正しい間違え方」の P55~60 辺りで扱っている重力ポテンシャルについて前記事で計算しましたので、ここでまとめておきたいと思います。 1)ニュートン力学での重力ポテンシャル   2)ニュートン力学での星内部の重力ポテンシャル      2.1) とすると      3…
コメント:0

続きを読むread more

Schwarzschild 時空での重力ポテンシャル

今回は「続・相対論の正しい間違え方」59ページの式 (6.9) を導出しようした記事です。 懸案の式は   です。 自然対数が出てくるところを見ると Schwarzschild 計量を求めたときに と に指数関数にしたところから考える必要があるかもしれません。ここで Schwarzschild 計量を再度求めるのは…
コメント:0

続きを読むread more

筒美京平選(1)

R.I.P という訳で筒美京平先生の曲をリンクしようとしましたが、好きな曲がたくさんあって、今回だけでは収まらないですね。 したがって、今回はごく初期のヒット曲を紹介いたします。 くれないホテル 西田佐知子 この曲はエンゲルベルト・フンパーディンクのラスト・ワルツからヒントを得たとの噂を聞いたことがありますが、本当はど…
コメント:0

続きを読むread more

LaTeXの練習(2)

前記事ではpdfのイメージしか示せませんでしたが、MathJax を適用すると少しの手直しで内容が表示できるようです。 ブログにするとちょっと長いので、数回に分けてUPします まず①です。 [①]---------------------------------------------- ロ-レンツ変換を導出する…
コメント:0

続きを読むread more

ニュートン近似のおさらい

後記事の内容を考えて表題の件について考えておきます。 自由粒子のラグランジアン     なら     ポテンシャルを加味すると   なので、重力場の中の粒子に対する非相対論的作用 は   これと、 と比べると   なので、            となり、   …
コメント:0

続きを読むread more

MathJax 再度試してみる

一時使用を止めているMathJax をまた試してみたいと思います。 具体的には、MathJaxの使い方に従って、いくつかの式をコピペして表示させました。 -------------------------------------------------------------- 二次方程式 \(ax^{2}+bx+c=0\) …
コメント:0

続きを読むread more

Ramblin' on My Mind

今回は Ramblin' on My Mind をリンクしてみました。 Rambling On My Mind [Remastered] ROBERT JOHNSON (1936) Delta Blues Guitar Legend クラプトンをフィーチャーしたジョン・メイヨールと彼のグループのカヴァーです。 Ra…
コメント:0

続きを読むread more

重力ポテンシャルのおさらい

今回は「続・相対論の正しい間違え方」56ページの式 (6.2)を導出しようした記事です。 これは相対論というよりニュートン力学の話題ですが、備忘録として残しておきます。 ・質点が作る重力ポテンシャル   位置 にある質量 の質点が位置 に作る重力ポテンシャル は    で与えられます(無限遠点を基準とする)…
コメント:0

続きを読むread more

LaTeXの練習(1)

いつもブログにおける数式は、この Online LaTex Equation Editor で作成していますが、私が卒業研究で論文を書いたときは手書きだったので、正式に LaTeX なんかを勉強したことはありません。そこで今年7月にブルーバックスから「LaTeX 超入門 ゼロからはじめる理系の文書作成術」出ているので、ちょっと目を通して…
コメント:0

続きを読むread more

宇宙論おさらい_続・相対論の正しい間違え方を読むために(7)

今回は「続・相対論の正しい間違え方」47ページの式 (5.5) と (5.6) を導出しようした記事です。現時点ではうまくいきませんでした。 元となる方程式は   から   ですが、 および 「ドップラー効果か?宇宙論的赤方偏移か?」から なので、   から    ここから、天体から光を放射した…
コメント:0

続きを読むread more

Sweet Home Chicago

今回は Sweet Home Chicago をリンクしてみました。 Robert Johnson "Sweet Home Chicago" 老いも若きも、、素晴らしいセッションです。 "Sweet Home Chicago" (Buddy Guy, Eric Clapton, Johnny Winter, Rob…
コメント:0

続きを読むread more

中性スカラー場の練習問題(1)

少し復習しましょう。これは 『「ちょっと予習の備忘録(1)」を再掲』を再考 にリンクを張ってある あもんさん の模範解答でいいのですが、改めてトライしてみたいと思います。 [問題]----------------------- 場の量が   で与えられたとき、逆関係     を導出せよ。 なお、   であり、デル…
コメント:0

続きを読むread more