「複素数への応用」の再掲

「複素数への応用」を書き直して再掲します。 複素数というのは  と2つの実数 で決まるものです。 であり、演算子  は   なので、2次元ベクトルと見なすことも可能になり、行列表示も可能ということになります。   とすれば、   であり、        …
コメント:0

続きを読むread more