3章 ディラック場(12)

"3.2 The Dirac Equation" の5回目を読んでいきたいと思います。"Weyl Spinors" に入ります。 ワイル スピノル 生成子(3.26)と(3.27)のブロック対角形から、ローレンツ群のディラック表現が還元可能であることは明らかです。 各ブロックを個別に検討し、書き込むことで、2つの2次元表現を…
コメント:0

続きを読むread more