3章 ディラック場(9)

"3.2 The Dirac Equation" の2回目を読んでいきたいと思います。 次に、回転グループの4次元表現のディラック行列 を見つけます。これらの行列は少なくとも4×4でなければならないことがわかります。 (たとえば、4つの2×2行列はなく、3つのパウリシグマ行列との反交換になります。)さらに、ディラック代数のすべて…
コメント:0

続きを読むread more