生態学をちょっと(1)

「社会科学における数学的モデル」という半世紀前の本が出てきたので、その一部を読んでみたいと思います。(実は読んでいないのですが)別の書籍で山口昌哉先生の「数学が分かるということ- 食うものと食われるものの数学」でも取り上げられているものと同じではないか?と想像しています。 ウサギとキツネのモデル   : ウサギの数 、  :…
コメント:0

続きを読むread more