「複素数への応用」の再掲

複素数への応用」を書き直して再掲します。

複素数というのは  と2つの実数 で決まるものです。



であり、演算子 

 

なので、2次元ベクトルと見なすことも可能になり、行列表示も可能ということになります。

 

とすれば、

 

であり、

 

 
  

と辻褄が合います。


複素共役をとる演算子  

 

なので、

 

であり

 


(実部をとる)という演算子は

 

から

 
 
(虚部をとる)という演算子は

 

から

 

となります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント