「2章 クラインゴードン場(13)」の数式の検討(その2)

記事「2章 クラインゴードン場(13)」に出てきた数式をチェック検討します。 今回は、基本に戻ってハミルトミアンを計算します。 まず、ラグランジアン密度は   共役運動量は   ハミルトミアン密度は         よって、 ハミルトミアンは   となります。 したがって、 …
コメント:0

続きを読むread more