東洋思想ノート_中国古代思想_調和への弁証法(3)

これは「東洋の合理思想」という本をテキストとして勉強したノートです。 3.陰陽の均衡関係(2) (ロ)「応」 : 内卦と外卦との対応のこと        第一と第四、第二と第五、第三と第六の対応  例えば、一方が親として振舞うのに、それに対するものが子として振舞えば「応」  子として振舞わなければ「不応」  …
コメント:0

続きを読むread more