とりあえず先週修了証を貰ったので(72)

進化発生学入門ー恐竜が鳥に進化した仕組みー

はっせい進化学終了証.jpg

生物学には多いに興味があるんですが、中学レベルで知識は止まっているので、ちょっと手こずりましたね。DNAの情報からタンパク質合成までは常識的なレベルは分かっていたのですが、発生学となると良く分かっていませんでした。ここで少し知識を得たのでこれから勉強していきたいと思いました。

さて、分からないながらも、形態の発現のメカニズムについて多少の理解があると、羽毛恐竜と鳥が繋がっていることが出来て有意義でした。

[シラバス]----------------------------------------

Week1:脊椎動物の体制と発生

1-0. イントロダクション
1-1. 恐竜と鳥の関係
1-2. 生物は細胞でできている
1-3. 生まれる=発生する:すべての動物は1個の細胞から
1-4. 脊椎動物の基本体制=ちくわ
1-5. 哺乳類の卵から赤ちゃんになるまで
1-6. ニワトリの卵からヒヨコになるまで
1-7. 1個の細胞から細胞シートへ、さらにちくわへ
1-8. 細胞系譜と細胞分化
1-9. 細胞分化と誘導


Week2:発生と遺伝子発現と世代交代の連続性

2-0. イントロダクション
2-1. 筋肉が動くしくみ
2-2. 細胞分化と細胞特異的なタンパク質の重要性
2-3. 遺伝情報の正体(1):タンパク質の機能と遺伝子
2-4. 遺伝情報の正体(2):ゲノムとDNAと遺伝子の関係
2-5. 遺伝情報の正体(3):特異的遺伝子発現を生み出す転写調節
2-6. 分化した細胞特異的遺伝子発現の例
2-7. 生殖:次世代を作る仕組み
2-8. 遺伝:形づくりの情報を次の世代に伝えるしくみ
2-9. 親子関係から家系図へ、そして系統樹へ

Week3:発生メカニズムの時空間的ずれと形態多様性

3-0. イントロダクション
3-1. 発生過程と形づくり
3-2. 四肢の発生(1):肢芽の伸長と骨格形成
3-3. 四肢の発生(2):ZPA
3-4. 四肢の発生(3):shh遺伝子と濃度勾配説
3-5. shh遺伝子の発現調節
3-6. 発生メカニズムのずれ(1):ヘテロクロニー
3-7. 発生メカニズムのずれ(2):ヘテロトピー
3-8. ずれを可能にする分子メカニズム(1):減数分裂と組換え
3-9. ずれを可能にする分子メカニズム(2):変異と遺伝

Week4:鳥エンハンサーによる鳥の特徴作りと恐竜

4-0. イントロダクション
4-1. 鳥しか持っていない構造、形態
4-2. 肢芽発生と羽毛の発生
4-3. 鳥だけが持っているゲノム配列
4-4. 鳥だけが持っているゲノム配列は、鳥エンハンサーか?
4-5. どこまでの動物が、鳥エンハンサーを使っているのか?
4-6. 鳥の祖先は恐竜か?
4-7. 指番号の矛盾を解いた、発生メカニズムの理解
4-8. 恐竜も鳥エンハンサーを使っていた可能性
4-9. (まとめ)動物形態の進化は、発生メカニズム変更の蓄積である

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント