Peskin をちょっと読んでみる(8)

この本では Chater 6 の初めで、図1.4のような高次のファインマン図から生じる物理学の多くを分析します。 最終状態に追加の光子を含むこれらの図の最後の4つが必要であることがわかります。これは、非常に低エネルギーの光子の存在に気付くほど感度の高い検出器がないためです。 したがって、そのような光子を含む最終状態は、ミューオンペアだけの望ましい最終状態と区別することはできません。

図1.4の他の5つの図には、単一の仮想光子ではなく、いくつかの仮想粒子の中間状態が含まれています。 これらの図のそれぞれに、頂点(バーテックス)での運動量の保存によって運動量が決定されない1つの仮想粒子があります。 摂動論では、考えられるすべての中間状態を合計する必要があるため、この運動量の考えられるすべての値を積分する必要があります。 ただし、このステップでは、新しい難易度が表示されます。最初の3つの図のループ運動量積分は、単純に実行すると無限になります。 パートⅠの終わりまでに、有限の結果を得るために、この問題の修正を提供します。しかし、これらの分岐の物理的起源の問題はそれほど軽視することはできません。 それがこの本のパートⅡの主要な主題です。

パフォーマンス計算のアルゴリズムとしてファインマン図を説明しました。 以下の章では、このツールの威力を十分に説明します。 ダイアグラムのアプリケーションを公開するにつれて、それらは独自の生命と重要性を帯び始めています。 それらは、異なる物理プロセス間の疑いのない関係を示し、後で計算によって検証されるかもしれない直感的な議論を示唆しています。 この本が読者の皆さんにこのツールを取り上げ、斬新で啓発的な方法で適用することを願っています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント