T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「相対性理論の矛盾を解く」の矛盾をつつく(4)

<<   作成日時 : 2005/10/26 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

どうも『とかとんとん』という音が聞こえてきます。第6章は「空飛ぶ原子時計と科学者の良心」です。これは、ジャンボ機にセシウム原子時計を乗せて飛ばして、地上に戻ってから、遅れぐあいを測定したヘイフリーとキーティングの有名な実験について述べています。この実験は「双子のパラドックス」の結果を実証したことで有名ですね。
この実験結果が捏造であるとの論文を、アイルランドのA.G.ケリーが発表したとのことです。

このヘイフリーとキーティングの実験については、発表当時(1972)から、精度に問題ありとの議論があったそうです。しかし、今ではGPSの補正のような精度の高い証拠があり、何もこの実験の精度が当てにならなても、「相対性理論」が覆ることはないそうです。
どうも、メンデル・サックス=原田稔理論は「双子のパラドックス」の結果が定説どおりだと拙いようですね。それで、A.G.ケリーの論文は渡りに船だったようです。でも、上述したように、ケリーの論文が正しかったとしても、定説を覆すことにはなりません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

とかとんとん
やるき出ないなときの擬音語なのですね。
旗を織る音ですか?

今年ジャイロスコープで地球の周りの時空の曲がり具合を
計測する実験の話題がありましたが、あれから何も聞かないですね。
まだ空を装置が飛んでるんでしょうかね〜?
はっしー
2005/10/27 22:59
>はっしーさまコメントありがとうございます!!

>とかとんとん
やるき出ないなときの擬音語なのですね。旗を織る音ですか?

金づちで釘を打つ音なのですが、
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/2285_15077.html
これを読んでいただくと、分かります。(短いですよ。)

私の気持ちとしては、この本は余りにも価値が無いため、この話題は飽きちゃったという感じですかね。
初めは、徹底的に叩いてやるぞ!と思っていたのですが。。。

>今年ジャイロスコープで地球の周りの時空の曲がり具合を計測する実験の話題がありましたが、あれから何も聞かないですね。

こういう話題は弱いんですね。。Kimballさまならご存知と思うのですが。。
T_NAKA
2005/10/28 12:45
「一般相対性理論を検証する」計画はなんだかんだで遅れている
みたいです。 なんだか来年まで結果待ちみたいです。:−)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20040817303.html

-------------
>はっしーさま、
 「トカトントン」、「やる気が無いときに聞こえる」のではなくて、
 「何か打ち込んでいるときに聞こえてきて、やる気がなくなる」と
 いうことなんです。(記憶違いかもしれませんが、あしからず)

 この自堕落オヤジは、何度も聞いています! _| ̄|○
Kimball
2005/10/31 17:00
kimballさま、
情報ありがとうございます。
「打ち込んでる」と「とんかち」なんですね。
わおー。
はっしー
2005/10/31 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
「相対性理論の矛盾を解く」の矛盾をつつく(4) T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる