T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 数量化T類(2)_要因のアイテムが2つ

<<   作成日時 : 2018/06/25 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

要因のアイテムを数学と国語のように2つの場合を考えます。

データ例:

画像


 
  
  
  

ここから

 
  
  

 
  
  
  
  

 
   
  

 
       
 
まとめると

 

ですが

 

なので、 は確定しないことになります。

こういう場合は例えば とおいて

 

とし、掃き出し法なので解を求めると

 

となるので、

数学「好き」、国語「好き」:
数学「好き」、国語「嫌い」:
数学「嫌い」、国語「好き」:
数学「嫌い」、国語「嫌い」:

ということになり、図示すると次のようになります。

画像


ところで、虚心坦懐にデータを層別したらどうなるか?やってみると、

画像


となり、ほぼ同じ結果となるのですが、数学「好き」、国語「嫌い」のようにそういうケースのデータが存在しないとなると、計算は出来なくなってしまいます。そういう意味で数量化T類のほうが便利であると言えますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
数量化T類(2)_要因のアイテムが2つ T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる