T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙論的地平線について(2)ハッブル地平線

<<   作成日時 : 2018/03/30 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は「ハッブル地平線」について考えます。

[宇宙論T第1版 P66 より引用]---------------------------------------
 一方、 で与えられる半径をハッブル地平線半径という。ここで は各時刻 における宇宙の膨張率である。よって は時刻 における宇宙膨張の特徴的時間スケールを与え、 はその特徴的時間内に相互作用できる領域の大きさを表す。膨張宇宙では膨張の時間スケールより長い時間スケールを持った物理過程は起こり得ないから、現実的な物理過程によって互いに影響し合える領域の大きさ で決まる。
-------------------------------------------------------------------- 

平坦で、 一定 の宇宙を考えると、( 以外は)

  

なので、

 

であり、

 

となります。
ところで、

 

で、 なら

 

なので、

 

となり、

 

から、

  

となります。
まとめると、

: 

:

です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇宙論的地平線について(2)ハッブル地平線 T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる