T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 二重スリットの干渉縞を点描で描いてみたい

<<   作成日時 : 2017/11/12 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

二重スリットによる位相差においてスクリーン上の光の強度分布を求め、Excel で描きましたが、これを点描で表わせないかとプログラミングしてみました。

具体的にはパラメータを b とし

 

という分布関数を「調和振動子の分布を描く準備(1)」のプログラムを少し変更してグラフを描きました。なので、変数名の x と y が縦横逆になっていますが、これを x-y 散布図を描く時点で軸の入れ替えを行うことで誤魔化しています。

簡単にプログラムの説明すると、水平スキャンを2500回行いますが、各スキャンで30個の点を上式で示す確率で書いています。なので、横方向は確率的ですが、縦方向は乱数ではないです。また、結果を図に描いているだけなので、量子論的な数式をシミュレーションしている訳ではありません。

画像




画像




画像




画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二重スリットの干渉縞を点描で描いてみたい T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる