T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ga080: memento mori-死を想え-」の課題レポート

<<   作成日時 : 2017/03/09 00:01   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

標題の「ga080: memento mori-死を想え-」を受講しておりまして、最終レポートの提出締切:2017年3月7日23時59分 を過ぎたので、私のレポートと講師の鈴木岩弓先生の総評を備忘録として残しておきましょう。(この講座は受講者同士の相互評価ではなく、鈴木岩弓先生が一つ一つのレポートをお読みになり評価するということで貴重なご意見を頂けることになります。)
さて、この講座は宗教民俗学の観点から「死」を考えるものです。

--------------------------------------------------------

課題文:受講した講座の内容に関連した課題を自由に設定し、解答しなさい。

解答に際しては、まず「課題」を明示し、それに対する解答を1000字以上2000字以内でまとめなさい。なお、設定する課題は、講座を受講した際に印象強く記憶に残った事柄や、聞いていて浮かんだ素朴な疑問など、あなた自身が引っかかりをもった事柄をもう少し掘り下げると言った形で考えてください。
--------------------------------------------------------

「イエの崩壊の進展」

 柳田國男は戦後民法がイエ制度の崩壊を招くことを予感していた。そして事態はその方向に動いていくのだが、1950年代から1970年代ごろまでのいわゆる高度経済成長期に新たな段階に入ったのではないだろうか?
 「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」(内山節・講談社現代新書)によると、1965年を境にして狐狸のたぐいに化かされる事件が激減したとのことである。内山によると、日本人が「自然とかかわる能力」つまり「キツネにだまされる能力」を急激に失ったからということである。この説を素直に受け入れているわけではないが、1965年は高度経済成長期のど真ん中であり、白黒テレビ普及率がピークを迎える年である。このことが日本社会に大きな影響を与えていることは否めないであろう。
 さて、この高度経済成長期にはどんなことがあったであろうか?例えば高校進学率は1950年に42.5%だったものが、1974年には90.8%に上昇しており、いわゆる集団就職は1954年から始まり1974年に終わっている。つまり、国民の教育レベルが上がり、農村から都市へ大量の人々が移動していった時代であった。
 そういう状況の中で、都市労働者となった人々はイエの代替を会社や職場に求めるようになった。職場での親睦会、会社ぐるみの運動会、社員旅行、引っ越し・従業員家族の葬式の手伝い等、経営側でもイエに代わるような福利厚生サービスを提供してきた。つまり高度経済成長期には血縁によらない疑似的なイエを会社や職場が用意してきた。ただし、就業中の従業員本人かその家族の葬式までには付き合うが、離職してしまってからは、疑似的イエとは大方関係は無くなってしまう。死者を祀りつづけるようなイエではなく、あくまで疑似的なものであった。
 さらに時代は進みバブル崩壊後となると、リストラは日常茶飯事となり、派遣などの非正規労働者を多用するなど疑似的なイエさえも崩壊していっている状況である。
 さて、私自身は霊的なもの超自然的なものの存在を信じていない。しかし、「キツネに化かされる能力」ではないが死者に対して何らかの祭祀をしないと居心地の悪さを感じるのである。津地鎮祭訴訟の最高裁の判決は、実施しないと気持ちが悪いということで厳密な意味での宗教行為に当たらないという見解であった。私の居心地の悪さもこれと同等なものであろう。そういう意味で死者への祭祀は必要であるが、イエも疑似的イエも崩壊していく中で、どのようにしていくべきか?今後の自分の死も含めて考えて行かなければならない。
(1065文字)

--------------------------------------------------------

課題に対する総評

日本の高度成長期以降の流れに死の問題を位置づけられており、面白く読ませていただきました。 今後、「擬似的イエ」は創成されるのでしょうか?されるなら,具体的にどのような可能性があるのでしょうか?柳田國男の言う「同齢感覚」の有効性は?・・・・・・お考え下さい。

--------------------------------------------------------

採点は 36点満点で 35点をいただけました。どうもありがとうございました。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 立場が変わればスタンスも替わる!?  いろいろですね、、
平名
2017/10/29 05:22
申し訳ないのですが、「立場」って意味が良く分からないのですが。。
T_NAKA
2017/10/29 17:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ga080: memento mori-死を想え-」の課題レポート T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる