T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 原子百分率の計算方法_備忘録

<<   作成日時 : 2017/02/08 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

Lorntz 群から Thomas 才差」シリーズの続きを書こうと思ってるんですが、どうにも計算が合わなくて書けない状況です。そこで、今受講している「金属材料学」で出てきた公式を考えてみます。

この講義によると、濃度の表示法として

 重量百分率( weight percent, wt% )

 質量百分率( mass percent, mass% )

 原子百分率( atomic percent, at% )
 
の3つがあるようで、通常お馴染みなのは重量百分率ですが、金属材料学では原子百分率を使うので、この2つの間で変換できないといけないようです。
そこで、講義では次のような公式が提示されました。

画像


この説明は言わずもがなのようで、示されませんでした。
なので、自分のため、に理屈を考えて見たいと思います。

アボガドロ数を とすると

成分の合金中の重量は
成分の合金中の原子数は

成分の合金中の重量は  
成分の合金中の原子数は

 成分の%
  

 成分の%
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。金属材料科学という講座を受講されているのですね。
また、たまたまなのですが僕はいま「図解入門最新金属の基本がわかる事典(秀和システム)」という本を読んでいるところです。近いうちにまた記事のテーマが被りそうですね!T_NAKAさんが受講されている講座の内容を見ると、かなり似ています。
とね
2017/02/09 17:35
訂正です。「金属材料科学」→「金属材料学」
とね
2017/02/09 17:36
とねさん コメントありがとうございます。
最初は受講する気はなかったのですが、「制御工学」が2週間ほど休止状態になってしまったので、学生時代に習ったことはあったのですが、うる憶えなのでやってみることにしました。やり始めると結構面白いですね。現在は3単元まで進みました。
さて、JMOOCのページ https://www.jmooc.jp/ を覘いてみて下さい。
東北大学が開講している「解明:オーロラの謎」と「memento mori-死を想え-」が今一番面白いです。
T_NAKA
2017/02/10 08:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
原子百分率の計算方法_備忘録 T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる