T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ベルの宇宙船パラドックス」をもう一度訳してみよう(4)

<<   作成日時 : 2016/12/05 00:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

wikipediaBell's spaceship paradoxの訳の続きを書きます。今回は [Importance of length contraction]と[Discussions and publications]の部分です。

[Importance of length contraction:長さの収縮の重要性]====================
In general, it was concluded by Dewan & Beran and Bell, that relativistic stresses arise when all parts of an object are accelerated the same way with respect to an inertial frame, and that length contraction has real physical consequences. For instance, Bell argued that the length contraction of objects as well as the lack of length contraction between objects in frame S can be explained using relativistic electromagnetism. The distorted electromagnetic intermolecular fields cause moving objects to contract, or to become stressed if hindered from doing so. In contrast, no such forces act on the space between objects. (Generally, Richard Feynman demonstrated how the Lorentz transformation can be derived from the case of the potential of a charge moving with constant velocity (as represented by the Liénard–Wiechert potential). As to the historical aspect, Feynman alluded to the circumstance that Hendrik Lorentz arrived essentially the same way at the Lorentz transformation, see also History of Lorentz transformations.)

一般に、物体のすべての部分が慣性系に関して同じように加速され、長さの収縮が実際の物理的結果となるとき、相対論的応力が生じるという結論がデューアンとベランとベルによって導かれた。例えば、ベルは物体の長さの収縮と系 S の物体間の長さ収縮の欠如は相対論的電磁気学を用いて説明できると主張した。歪んだ分子間電磁場は、動く物体を収縮させるか、そうすることによって妨げられた場合には応力となる。対照的に、このような力は物体間の空間に作用しない。(一般に、リチャード=ファインマンは、[リエナール-ウィーヘルトのポテンシャルに代表されるように] 一定速度で移動する電荷のポテンシャルの場合から、ローレンツ変換がどのように導き出されるのかを実証した。歴史的側面については、フェインマンは、ヘンドリック・ローレンツが本質的に同じように考えでローレンツ変換に到達したという状況を暗示した。ローレンツ変換の歴史も参照のこと。)

However, Petkov (2009) and Franklin (2009) interpret this paradox differently. They agreed with the result that the string will break due to unequal accelerations in the rocket frames, which causes the rest length between them to increase (see the Minkowski diagram in the analysis section). However, they denied the idea that those stresses are caused by length contraction in S. This is because, in their opinion, length contraction has no "physical reality", but is merely the result of a Lorentz transformation, i.e. a rotation in four-dimensional space which by itself can never cause any stress at all. Thus the occurrence of such stresses in all reference frames including S and the breaking of the string is supposed to be the effect of relativistic acceleration alone.

しかし、Petkov(2009)とフランクリン(2009)は、このパラドックスに異なった解釈した。彼らは、2台のロケット系の加速度が等しくないために糸が切れてしまうという結果に同意した。その結果、ロケット間の静止長は増加する(分析セクションのミンコフスキー図を参照)。しかし、彼らはこれらの応力がS系での長さ収縮によって引き起こされるという考えを否定した。これは、長さの収縮が「物理的な現実」を持たないと考えられているからで、ローレンツ変換の結果であり、すなわち4次元空間内の回転なので、それ自体は全く応力を作り出すことができないからである。したがって、Sを含むすべての参照系における応力発生および糸の切断は、相対論的加速だけの効果であると考えられる。
==========================================================================

[Discussions and publications:議論と出版物]==============================
Paul Nawrocki (1962) gives three arguments why the string should not break, while Edmond Dewan (1963) showed in a reply that his original analysis still remains valid. Many years later and after Bell's book, Matsuda and Kinoshita reported receiving much criticism after publishing an article on their independently rediscovered version of the paradox in a Japanese journal. Matsuda and Kinoshita do not cite specific papers, however, stating only that these objections were written in Japanese.

Paul Nawrocki(1962)は、糸が切れてはならない3つの議論を示したが、Edmond Dewan(1963)は、元の分析がまだ有効であるという回答を示した。ベルの論文の何年も後に、松田と木下は日本の雑誌で独立に再発見されたパラドックスのバージョンの記事を発表したところ、多くの批判を受けたと報告した。、松田と木下は特定の論文を引用していないが、これらの異論は日本語で書かれているのみである。

However, in most publications it is agreed that stresses arise in the string, with some reformulations, modifications and different scenarios, such as by Evett & Wangsness (1960), Dewan (1963), Romain (1963), Evett (1972), Gershtein & Logunov (1998),Tartaglia & Ruggiero (2003),Cornwell (2005), Flores (2005), Semay (2006), Styer (2007),Freund (2008), Redzic (2008), Peregoudov (2009), Redžić (2009), Gu (2009), Petkov (2009), Franklin (2009), Miller (2010), Fernflores (2011), Kassner (2012). A similar problem was also discussed in relation to angular accelerations: Grøn (1979), MacGregor (1981), Grøn (1982, 2003).

しかし、ほとんどの出版物ではいくつかの改訂修正および異なるシナリオを用いて糸に応力が生じることに合意している。例えば、 Evett & Wangsness (1960), Dewan (1963), Romain (1963), Evett (1972), Gershtein & Logunov (1998),Tartaglia & Ruggiero (2003),Cornwell (2005), Flores (2005), Semay (2006), Styer (2007),Freund (2008), Redzic (2008), Peregoudov (2009), Redžić (2009), Gu (2009), Petkov (2009), Franklin (2009), Miller (2010), Fernflores (2011), Kassner (2012)。
同様の問題が角加速度に関連して議論された。 Grøn (1979), MacGregor (1981), Grøn (1982, 2003).
==========================================================================

ここまでは、どういうことが議論されたか?ということで具体的な論理の展開はないです。次回の"Analysis"でもう少し突っ込んだ議論があるようですが、どこまで行けるのか?ちょっと分かりません。

今日はこの辺で。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ベルの宇宙船パラドックス」をもう一度訳してみよう(4) T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる