T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ベルの宇宙船パラドックス」をもう一度訳してみよう(3)

<<   作成日時 : 2016/12/01 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

wikipediaBell's spaceship paradoxの訳の続きを書きます。今回は [Bell]の部分です。

[Bell:ベル]==============================================================
画像

Vertical arrangement as suggested by Bell.

[本文]

In Bell's version of the thought experiment, three spaceships A, B and C are initially at rest in a common inertial reference frame, B and C being equidistant to A. Then, a signal is sent from A to reach B and C simultaneously, causing B and C starting to accelerate in the vertical direction (having been pre-programmed with identical acceleration profiles), while A stays at rest in its original reference frame. According to Bell, this implies that B and C (as seen in A's rest frame) "will have at every moment the same velocity, and so remain displaced one from the other by a fixed distance." Now, if a fragile thread is tied between B and C, it's not long enough anymore due to length contractions, thus it will break. He concluded that "the artificial prevention of the natural contraction imposes intolerable stress".

ベルの思考実験の修正版では、A、B、C の3つの宇宙船が最初は共通の基準慣性系に静止している。B と C は A と等距離である。
その後、信号が A から B と C に同時に送られ、B と C は垂直方向に加速を開始し(同じ加速度プロフィールで予めプログラムされている)、A は元の基準慣性系で停止したままになる。ベルによれば、これは B と C(Aの静止系に見られるように)は、常に同じ速度を持ち、固定された距離だけ互いにずらされたままであることを意味する。今、切れ易い糸が B と C の間に結ばれていると、収縮のためにもう十分な長さではない。したがって切れる。彼は「自然な収縮に対する人工的予防は耐え難いストレスを課す」と結論づけた。

Bell reported that he encountered much skepticism from "a distinguished experimentalist" when he presented the paradox. To attempt to resolve the dispute, an informal and non-systematic survey of opinion at CERN was held. According to Bell, there was "clear consensus" which asserted, incorrectly, that the string would not break. Bell goes on to add,

"Of course, many people who get the wrong answer at first get the right answer on further reflection. Usually they feel obliged to work out how things look to observers B or C. They find that B, for example, see C drifting further and further behind, so that a given piece of thread can no longer span the distance. It is only after working this out, and perhaps only with a residual feeling of unease, that such people finally accept a conclusion which is perfectly trivial in terms of A's account of things, including the Fitzgerald contraction."

ベルは、彼がパラドックスを提示したときに "著名な実験主義者"からの多くの懐疑論に遭遇したと報告した。紛争の解決を試みるために、CERNにおいて非公式かつ非体系的な意見調査が行われた。ベルによると、糸が切れないと間違った主張の "明確な合意"があった。ベルは続けて、こう言う。

「もちろん、間違った答えを最初に導いた多くの人々は、さらなる反省のために正しい答えを得ることになる。通常、彼らはオブザーバー B または C に事態がどのように見えるかを検討することを義務づけられている。彼らは、例えば B は、C がさらに次第に離れていくのを見て、与えられた糸がもはやその距離に及ばないようになっているのを知ることになる。検討の後で、ローレンツ=フィッツジェラルド収縮を含めて、Aの説明で完全に自明な結論を最終的に受け入れるのは、たぶん残念な不安を感じるのみである。 」
==========================================================================

これも英語の意味が良く分からなかったため、ぎごちない訳文になっています。
どうか原文を読んで下さい。

今日はこの辺で。。

[12/3 追記]
最後の部分につき的確な訳をあもんさんから頂きましたので、参照して下さい。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最後の段落の意味はこうでしょう。
「もちろん最初に間違った答えを出してしまった人たちの多くも、熟考の末、正しい答えを得る。通常、このような人たちは、観測者 B または C にとって物事がどう見えるかを理解しようとする。そうして彼らは、例えば B が後方にどんどん遠ざかる C を見ることになり、与えられた糸がもはやその距離を伸びることができないことを知る。このことが理解できた場合にのみ、おそらく多少の不安を感じながらも、彼らはフィッツジェラルド収縮を含む A の説明においてまったく当然である結論をようやく受け入れるというわけだ。」
あもん
2016/12/02 06:23
あもんさん、コメントありがとうございます。
ご指摘の訳の方が的確なので、本文の方にその由を書かせていただきます。

T_NAKA
2016/12/03 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ベルの宇宙船パラドックス」をもう一度訳してみよう(3) T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる