T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Python 再入門(7)

<<   作成日時 : 2016/11/16 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6.189 – Notes/Homework を続けます。今回は "Day 6: Objects and References" (オブジェクトと参照)ということで、オブジェクト指向のちょっと難しいところですので、ゆっくりと読んでいきたいと思います。

Lists are fundamentally different than everything we've seen to date.
リストは、我々が今まで見てきたものとは、基本的に異なる。
They are the first example we've seen of an object.
我々が見たオブジェクトの最初の例である。

You've learned that we can use variables to store information in a table.
情報をテーブルに格納するために変数を使うことができるということを勉強した。
This works for simple things like numbers, but not for complex information like a list.
これは、数のような単純なもののために働き、リストのような複雑な情報のためではない。
Instead, Python stores this information in an area of memory called the heap.
その代わりに、Python この情報をヒープと呼ばれている記憶の領域に格納する。

Understanding what the heap is isn't important.
ヒープが何であるか理解することが重要ではない。
What is important to know, however, is that instead of storing objects in the variable table, Python stores a pointer or reference to the object.
しかし、知っておくべき重要なことは、オブジェクトを可変的なテーブルに格納する代わりに、Python がオブジェクトへのポインターまたは参照を保存するということである。

A reference is like an arrow.
ひとつの参照は、ひとつの矢のようである。
The easiest way to explain this is with an example:
これを説明する最も簡単な方法は、ひとつ例を示すことである:

画像

At point 1, the variable table looks something like the following.
point1で、変数テーブルは、以下のように見える。
画像

After this, we pass the location of the list (which is the value stored in the variable) to the function.
この後に、(変数に保管される値である)リストの位置を関数に渡す。
Thus,at point 2 both variables point to the same thing.
このように、point2では両方の変数は同じものを指す。
画像

We change the list afterwards, and the table looks like the following at point 3.
その後リストを変えて、テーブルは point3 では以下のように見える。
画像

The local variable disappears when the function ends, and at point 4 the variable table looks like the following.
関数が終了するとき局所変数は消え、point4では変数テーブルは以下のように見える。
画像

Hence the output of the code is [1]!
したがって、コードの出力は、[1]である!
This differs from problem 10 – since these variables are storing arrows, any changes we make within the function are reflected outside of it too.
これは、問題10と異なる – これらの変数が矢を保存しているので、我々が関数の範囲内でするどんな変更もそれの外でも反映される。

今回は訳しただけの内容になっていますが、後記事でもう少し書きたいと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Python 再入門(7) T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる