T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 時間の遅れ

<<   作成日時 : 2016/11/15 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

こういう初歩的な話をすると「なんなんだ」と思われるでしょうね。
昔掲示板で絡まれたことがあるんですよ。下品で失礼なヤツだったので無視しましたが、、

どういうことで絡まれたかと言うと、時間のローレンツ変換
 
とすると
 
で分母が 1 以下になるので、時間が遅れるのではなく速まるだろうということです。

いろいろと間違いがあるんです。
まず「時間」という言葉が何を意味しているのか?
日常では「時刻」と「時刻と時刻の間隔」の両方の意味で使っていることが多いです。

「時間は何時でしょうか?」
「2時13分です。」

この場合の「時間」は「時刻」ですね。

「札幌まではどれ位かかりますか?」
「車で大体2時間です。」

この場合は、「時刻と時刻の間隔」の意味です。

で、相対論で「時間の遅れ」というのは後者の意味であり
 
という式の は「時刻」なので、相対論の意味での時間を考えてみます。
 
なら
 
ここで、慣性系 は慣性系 に対して速度 で動いていることを思い出すと、
 
なので
 
  
となります。つまり
 
と、相対論での「時間の遅れ」の式が出てきました。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お見事です。目から鱗です。
わたくしの記事での固有時間の解釈が無理やりな(ある意味でたらめな)のに対して、T_NAKAさんの記事はスマートで、論理的で、数学的に正しいです。
はっしー
2016/11/17 20:47
はっしーさん、コメントありがとうございます。

時間の遅れの説明は「光時計」が一番分かりやすいですね。
https://youtu.be/mbiwdUDiorQ
まあ理解するだけなら、これだけで十分だと思います。
私がこの記事で書いているのは、「ローレンツ変換式を使って説明しろ」と言われたときの説明ですね。
こういう事はあまり無いと思いますが。。
T_NAKA
2016/11/18 15:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
時間の遅れ T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる