T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 次は「はじめに」を読む。

<<   作成日時 : 2016/10/03 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

"Remarks on the Equivalence of Inertial and Gravitational Masses and on the Accuracy of Einstein's Theory of Gravity." の INTRODUCTION を訳してみます。


[はじめに]=============================================================

The recent advances in technology have enabled an unprecedented accuracy in testing and verification of Einstein’s theory of gravity.

最近の技術の進歩は、アインシュタインの重力理論の確認とテストにおいて先例のない正確さを可能にした。

The lunar Laser Ranging (LLR) experiments have provided new data for investigation of motion of the Earth-Moon system to a high degree of precision.

月との距離をレーザーで測る測定実験(The Lunar Laser Ranging :LLR)は、 地球-月系運動の研究において高精度な新しいデータをもたらした。

The new data from the Pulsar, EXO 0748-676, have provided excellent gravitational red shift values that allowed precise determination of the Pulsar mass to radius ratio.

パルサー EXO 0748-676 からの新しいデータは、優れた重力赤方偏移の値を提供して、半径比率に対し、このパルサーの質量の正確な決定を許した。

Thus it seems that there is no need to doubt the accuracy of commonly accepted theory of gravity and seek the limits of its validity.

このように、重力の一般に受け入れられた理論の正確さを疑って、有効性の範囲を捜す必要は無いようである。

However, it is difficult to judge how successful the theory is when there is no alternative by which to independently measure or evaluate the limits.

しかし、他の限界測定あるいは評価の選択肢がないとき、理論がどれくらい成功しているか判断することが難しい。

It is necessary to patiently wait for observations and hope that some day large enough deviations will be uncovered that will not be possible to explain within the given framework.

いつか所定のフレームワークの範囲内で説明不可能な十分大きい偏差を発見できるという希望と観測を待つことが必要である。

From the conceptual point of view of the existing theory of gravity, it makes little sense to derive the field equations using the condition that in the space where the field is supposed to be the field’s mass-energy is zero. (原文では "filed"となっていたが、多分 "field" の誤りと思い訂正済み)

重力の既存理論の概念上の観点から、場の質量エネルギーがゼロであるという仮定に基づいた、空間の状態を用いた場の方程式を導出は殆ど意味を成さない。

This point has been thoroughly discussed in the literature, for example by Logunov.

この点は、たとえば Logunov の論文で徹底的に論じられた。

Finally, there is still that persistent unpleasant singularity inside the center of the black hole that puts a black mark on the otherwise beautiful and elegant theory and which needs to be removed by such contrived notions as the cosmic censorship hypothesis.

最終的に、それ以外は美しくてエレガントな理論から、ブラックホールの中心にある持続的で不快な特異点が未だに存在し、宇宙検閲官仮説のような不自然な概念によって取り除かれる必要がある汚点となっている。

For these reasons this article will derive an alternate theory of static gravity that will be a simple scalar metric theory based on first principles and thought experiments.

これらの理由から、本稿では思考実験と第一原理に基づいて、単純なスカラー計量理論であるもう一つの静的重力理論を導出する。

The Einstein’s field theory of gravity will be purposely avoided in order not to contaminate the derivations and only its results, the Schwarzschild metric, will be used for comparisons.

その導出に影響を与えないために故意にアインシュタインの重力場の理論を避け、結果のシュワルツシルト計量だけが比較のために使われる。

Sometimes it pays to step back from the beaten path and investigate the problem from a new point of view and simplified to its essentials.

しばしば踏み固められた道から戻って新しい見地から問題を研究することと要点を単純化することは有意義である。

This article will therefore focus only on two items, the planetary perihelion advance, and the gravitational red shift.

したがって、本稿は惑星近日点移動と重力赤方偏移の2つのアイテムだけに集中することにする。

The derived metric will thus be valid only for the static, spherically symmetric, non-rotating body, which is massive enough that the disturbance of orbiting planets can be neglected.

導出された計量は静的球対称非回転の(惑星軌道の擾乱を無視し得るのに十分な)質量だけに当てはまる。

The next section will address the equivalence of inertial and gravitational masses that is necessary for the development of the scalar theory of gravity.

次の章では、重力スカラー理論の導出に必要な、慣性質量と重力質量の等価性を提示する。

The mass equivalence will be derived from simple thought experiments.

質量等価性は、単純な思考実験から導出される。

===================================================================

何か一般相対論とは少し違う考え方で計量を導出するような論文のようで、読む価値があるのか?ないのか?
まあ、乗りかかった船なので、飽きない限り付き合ってみたいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
次は「はじめに」を読む。 T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる