T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS まず論文の要約から読んでみよう。

<<   作成日時 : 2016/09/29 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

"Remarks on the Equivalence of Inertial and Gravitational Masses and on the Accuracy of Einstein's Theory of Gravity." の付録から読んだのですが、やはり最初から読むべきだと考えました。
したがって、ABSTRACTから訳してみましょう。

その前に標題の意味も考えましょう。

"Remarks on the Equivalence of Inertial and Gravitational Masses and on the Accuracy of Einstein's Theory of Gravity."

アインシュタインの重力理論の的確さおよび重力質量と慣性質量の等価性に関する所感

とでも訳すのでしょうか?

では要約を私なりに訳してみます。

[要約]=============================================================

This paper investigates the accuracy of Einstein’s theory of gravity by studying the gravitational field near a spherically symmetric non-rotating massive body.

本論文では、球対称非回転質量付近の重力場を検討することにより、アインシュタインの重力理論の正確さを調査する。

The well-known Schwarzschild metric,which describes the space-time in the vicinity of such bodies, according to Einstein’s theory of gravity, is compared with the new metric that is derived from first principles and without the use of Einstein’s field equation.

この時空を記述し、アインシュタインの重力理論に従う有名なシュワルツシルト計量は、アインシュタイン方程式を使わず第一原理から導き出される新しい計量と比較される。

The basis for the derivation of the new metric is the new mass equivalence principle derived as a consequence of thought experiments and a slightly modified Newton’s gravitational law written with the proper time and proper distance.

新計量の導出の基礎となるのは、固有時間と固有距離で書かれるわずかに変更されたニュートンの重力法則と、思考実験の結果として導出される新しい質量の等価原理である。

The new theory of static gravity is therefore a scalar metric theory.

したがって、静的重力の新理論は、スカラー計量の理論である。

The new metric predictions are evaluated and compared for accuracy with observations and with the predictions of the perihelion advance and the gravitational red shift of the Schwarzschild metric.

新計量での予測は、近日点移動の予測とシュワルツシルト計量の重力赤方偏移で正確さにによって評価比較される。

It is found that an excellent agreement is obtained between the theory and observations and significant differences from the predictions of Schwarzschild metric are observed only in the vicinity of the Schwarzschild radius.

理論と観測結果の満足できる合致が得られることが分かり、シュワルツシルト計量から予測との有意差はシュワルツシルトの半径付近のみで観察される。

The new metric has no problems related to the “black hole” geometry, has no coordinate pathologies, does not have the event horizon, and does not have the now famous singularity in the center of the black hole.

新計量はブラックホール幾何学に関する問題を持たない。つまり病的な座標系を持たず、事象の地平線や有名なブラックホールの中央特異点を持たないということである。

===================================================================


訳して良かったと思います。まあトンデモとは言いませんが、主流ではない理論のようです。
そういう意識で付き合って行こうと思っています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まず論文の要約から読んでみよう。 T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる