T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 波束モデルを考える(4)

<<   作成日時 : 2016/08/01 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前記事同様波束モデル_(4)を書き換えて再掲します。

「波束モデル_(4)」-------------------------------------------------------------
前回は、時間発展である を考えて、波束を調べると形は Gauss 分布のままであることが分かりました。
ただし、その平均値と標準偏差は とは変化していることも分かりましたね。この変化の具合を考えましょう。

まず、平均値ですが なので、平均値が になっています。
 
なのですが、
 
群速度と言います。
これは普通波束の中心の速度と同じで、
  
と同じです。(波束の形がそのままで動いていく速度が群速度です。)
ここで、標準偏差の話に移るのですが、その前に位相速度について触れます。
群速度以外に波には、波束を構成している調和波 の速度 というものが考えられます。これを位相速度と言います。
ややこしいのでまとめて書くと、
群速度 
  
位相速度
  
となります。

さて、
 
なので、 なら、 で時間で変化しなくて波束の形が変わらないことになります。
これは (c : 定数)という条件のときに成立します。ここで、
 
から、 
 
なので、(c : 定数)という条件が成立しません。
 
ということで、
 
と、時間とともに広がっていくことが分かりますね。
この波束モデルから不確定性関係が出てくるので、波束を用いて電子そのものの運動を記述できるのではないかと期待されたこともありましたが、波束の形が時間とともにすぐ崩れてしまうことから断念されたとのことです。

ここまでの議論の参考図書
「量子力学」(加藤正昭著、産業図書:物理学の回廊)
「電子物性概論_量子論の基礎」(阿部正紀著、培風館:電子・情報工学講座7)

(考察は参考にしましたが、計算はオリジナルです。)
-------------------------------------------------------------



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
波束モデルを考える(4) T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる