T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ga056 今だからこその江戸美術」最終レポート

<<   作成日時 : 2016/07/17 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ga056: 今だからこその江戸美術 Edo Visual Culture As We Really Should Know Itを受講していましたが、最終レポートの提出期限が過ぎましたので、備忘録として私の回答をUPしておきます。


まず、問題です。

-----------------------------------------------
18世紀英国最大の文化的発明とされるピクチャレスクについて、その出現の経緯から日本への(ありうべき)影響まで、400字以内で概述せよ。ただし次のキーワードを必ず含めること。

 1. サブライム
 2. 土井 有隣
 3. クロード・グラス
 4. 横浜絵
 5. スコットランド
-----------------------------------------------

これを見たとき、「400字は少なすぎるだろう、、」と思いました。本音を言うと上のキーワードをすべて用いて、なおかつ的確にピクチャレスクの出現の経緯から日本への影響までを記述するのは無理と感じたわけです。
まあ泣き言をいっても始まらないので、まずは文字数を気にせずに書いて、それを削っていこうと思いました。



[題1案:字数を気にしないで]--------------------

17世紀中〜18世紀後半、イングランド貴族の子弟は語学やマナーの勉強の成果を確認するためローマへ旅行した。ルネサンスを経験しなかったコンプレックスもあり、この時イタリア絵画を買い漁った。スコットランドのように男性的な風景を持たない彼らの好みは、歪んだ風景を描くクロード・ロランと崇高とか危険とかと表現されるサブライムを描くサルヴァトール・ローザの作品であった。特にクロード・ロラン風の景色を描くためのツールとして、歪んだ鏡であるクロード・グラスも開発された程である。これらのテイストを持った絵画をイングランドの画家が描くようになり、この様式をピクチャレスクと言われるようになった。
この頃の日本で、北斎はピクチャレスクとしか思えない絵を描いていたが、本来鎖国の日本で何故可能だったのだろう?
当時、長崎の土井有隣はピクチャレスクを勉強したと思われる絵を描いている。つまり少なくとも長崎にはこの手の絵が輸入されていたと思って間違いない。
北斎も西洋銅版画を所有していたとの説があり、何らかのルートでピクチャレスク絵画を見て研究していた想像される。
19世紀に入って横浜が開港されると、ここにも西洋画がもたらされ、その影響を受けた横浜絵という浮世絵が登場してくる。断面図・パノラマなど新たな手法が取り入れられ、ピクチャレスクと見ることができる。
(566文字)
-----------------------------------------------

166字オーバーなので、説明的な記述を削ってみた結果が次の通りです。

[題2案]-----------------------------------------

17世紀中頃、イングランド貴族の子弟はローマへ旅行したが、ルネサンスを経験してないコンプレックスからイタリア絵画を買い漁った。スコットランドの様な風景を持たない彼らの好みは、クロード・ロランとサブライムを描くサルヴァトール・ローザの作品であった。彼らの様な絵画をイングランド人が描くようになり、ピクチャレスクと言われるようになった。特にクロード風に描くための道具として、クロード・グラスも開発された程である。
日本では北斎が同様式の絵を描いていたが、鎖国で何故可能だったのだろう?
当時、土井有隣この様式を真似て絵を描いているが、少なくとも長崎にはこの手の絵が輸入されていたと思って良い。
北斎も何らかのルートで西洋画を見て研究していた想像される。
19世紀に横浜開港となると、新たに西洋画がもたらされ、影響を受けて横浜絵が登場した。パノラマなど新たな手法が取り入れられ、ピクチャレスクと見ることができる。
(399文字)
-----------------------------------------------

ギリギリセーフなので、これを最終案として提出しました。

40点満点で34点と採点されました。

ルーブリックとしては、字数が400字以内なら 9 点、キーワードが含まれていれば各 5 点なので、「問題」の条件を正しく書いていれば 9 + 5×5 = 34 点となる訳です。
後の 6 点は@「志賀重昴」A「ウィリアム・ホガース」B「マージョリー・ニコルソン」C「クリストファー・ハッシ」D「フランス(もしくはヴェルサイユ)」E「富嶽三十六景」に言及していれば、1点ずつ加算されるとのことでした。

まあ、レポートにトライしてみたのですが、400字以内で、キーワードと加算項目を網羅するのは至難の業でしょう。
40点を採ったレポートを拝見したいものです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ga056 今だからこその江戸美術」最終レポート T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる