T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 統計の基礎_ (2)母集団と標本

<<   作成日時 : 2016/07/12 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 我々が測定したり、調査できる対象は、いま問題にしている集団の全体(これを母集団という)ではなく、そこから抽出(サンプリング)したデータでありことが多い。
 このデータ群を母集団に対する標本という。
 ここで我々が調査できる対象は標本のみであるが、終局的に知りたいのは、その標本の抽出された母集団の情報である。すなわち母集団を知る手掛かりとして標本を調べている訳で、このようなことが可能になる基本的な事実というか仮説として、母集団と標本の間に「標本が完全に母集団の縮図であるなら、標本特性値は母集団特性値に一致する」という関係があるからである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
統計の基礎_ (2)母集団と標本 T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる