T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「医学・医療の昔・今・これから−生命進化と疾病−」Week4(最終) レポート

<<   作成日時 : 2015/07/07 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6/1 から医学・医療の昔・今・これから−生命進化と疾病−を受講していましたが、Week4レポートの提出期限を過ぎましたので、備忘録としてUPしておきます。

【最終レポート】-------------------------------------------------------------
外科手術を安全に行うにはどうしたらよいか。
過去のブレークスルーをあげてどのように手術の安全性が高まったか、
現在の手術における安全性の管理にどのようなものがあるか、
さらに未来像ではどのような手術がなされるか。
自分なりに具体的にあげてみてください。

※ 解答は日本語で記述してください。
※ 字数は300字以上400字以内とし、解答末尾にかっこ書きで文字数を明記してください。
なお、解答本文中の空白、改行文字ならびに解答末尾の文字数は解答字数に含みません。
(記入例)・・・である。(360字)
-----------------------------------------------------------------------

【私のレポート】-----------------------------------------------------------
 過去の手術において、痛みをとって患者に安心を与える「麻酔」、手術中の細菌混入による感染症を防ぐ「消毒」、さらに消毒とともにこの感染を防ぐ「抗生物質」、また手術時の大量出血を補う「輸血」、他人の臓器を自分の体に埋め込む「臓器移植」 などのブレークスルーによって、安全性が画期的に高まった。
 現代の外科手術においては、患部だけを取り除き、他の部位は傷つけない「正確さ」、「治療による体への影響」をなるべく少なくすること、絶えず次の世代に技術を伝え向上させていくための「訓練」などが必要であるが、腹腔鏡下手術と手術支援ロボットを組み合わせることにより、この要請をかなり実現できるようになり、このイノベーションは進行中である。
 さらに未来においては、「胎児の手術」「iPS細胞を用いた臓器再建」「遠隔手術」「内視鏡そのものでの縫合手術」が検討されており、具体的な方策について研究開発中である。(389文字)
-----------------------------------------------------------------------

他者評価は 7/7 時点で20点満点中18 点でした。どうもありがとうございます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「医学・医療の昔・今・これから−生命進化と疾病−」Week4(最終) レポート T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる