T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS CG係数の漸化式の展開問題(1)

<<   作成日時 : 2015/03/05 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

では、漸化式をもう少し丁寧に見ていくことにします。

[問題]------------------------------------------------------
CG係数は、その漸化式と直交規格性がすべて計算できることを示せ。
-----------------------------------------------------------

前記事と同じように復号表現を止めて、まず
  
      
       
のみを考えます。

1. の場合
  角運動量演算子の和の固有状態(1) で示した「選択則」から、 のときのみ なので、この漸化式の場合
 
なので、
 
  
ここから、
 
   
が成立することになります。
よって、ある に対するCG係数が求まると、続いて、 に対するCG係数が求まることになります。
ここで、 とおくと、
 
    
    
なので、 が取り得る最大値 に対するCG係数が求められると、 に対するCG係数が順次求められることになります。
  
今日はこの辺で。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CG係数の漸化式の展開問題(1) T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる