T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「よくわかる!iPS細胞」最終レポート

<<   作成日時 : 2015/02/23 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

現在「ga019 よくわかる!iPS細胞」を 1/14 から受講しております。最終課題レポートの提出期限が過ぎましたので、ここで私のレポートを備忘録としてUPしておきます。

[課題]============================================================
「よくわかるiPS細胞!」の講義を受けて、あなたが得たiPS細胞に関する知識を、iPS細胞の特徴・再生医療・創薬研究・研究支援、それぞれ について簡単にまとめて下さい。また、講義の感想も述べて下さい。
(分量の目安:全体で800字程度)
==================================================================

[私のレポート]====================================================
・iPS細胞の特徴

iPS細胞とは、皮膚や血液などの体の細胞に少数の因子を導入することで作られ、自己増殖能力を持ち、体中のほとんど全ての細胞へと分化することができる人工多能性幹細胞である。

・iPS細胞を利用した再生医療

上で示したiPS細胞の特徴を活かした医療応用の可能性の1つが再生医療であり、再生医療とは、病気や怪我などによってうまく働かなくなってしまったり失われてしまったりした細胞や組織を補うことによって、それらの機能の改善を図るものである。現在、CiRAが関わっていて臨床研究が近い再生医療への応用の例として、iPS細胞から神経細胞、網膜・角膜細胞、心筋細胞、神経幹細胞、血小板を分化させ、パーキンソン病、眼疾患、脊髄損傷、血液疾患の治療が検討されている。この他にも1型糖尿病やがん、慢性感染症などの疾患にiPS細胞を使った再生医療を目指して研究されているが、臓器を丸ごと再生するというのは未だ難しい。

・iPS細胞を利用した創薬研究

上述のiPS細胞の性質を使うことで、患者の皮膚や血液の細胞からiPS細胞を作製し、病気になっている組織の細胞へと分化誘導させると、患者の体の中で起こっている病態を体の外で再現できる可能性があり、その細胞をたくさん作成することができるため、病態の細胞レベルでの研究を、実験動物などではなく、人の細胞で行うことができる。ここから、どんな薬を使えば症状を改善できるのか調べることができるようになる。つまり、@薬を作るためのスクリーニング系を構築すること、Aドラッグ・リポジショニング、B個別化医療を実現すること、が可能になってくる。

・iPS細胞の研究支援

iPS細胞研究の成果を多くの人々が享受できるようにするためには、特許戦略を立案実施知財専門家が必要であり、その経費は競争的資金からは支出し難く、大学本部からの資金と、民間からの寄附金を充てることになる。これ以外の研究経費に対しても、社会からの信頼や理解、研究目標への共感を得て更なる寄附金募集をしなければならない。これにはファンドレイザーやサイエンスコミュニケーターのような広報専門家や、倫理的課題に特化した専門の研究者や規制専門家、研究の円滑な推進のためには技術員や研究秘書のようなスタッフも必要となってくる。

・受講の感想

iPS細胞というと「再生医療」に有効なのだろう位の知識しかなく、今回再生医療と創薬研究の現状を知ることで、iPS細胞の存在が医療の進歩に対し大変有用であることを理解できました。実際の生体をなるべく使わずに、研究の深い部分まで至ることができることは医学の大きな進歩であると思い、iPS細胞研究の成果を多くの人々が享受できるように、CiRAには頑張って欲しいと強く感じました。
==================================================================

相互採点の結果 20 満点中 20 点をいただきました。採点者の方々、どうもありがとうございました。

今までの成績を次のグラフに示します。
画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わぁ!素晴らしい。
私、一つ問題の意味を間違えるうっかりミスで98%だったんです…
それでも楽しい講義でしたよね〜、もっと続けばいいと思うくらい。
研究者の世界は思っていたほど華やかではないんですね。

ブラックホール入門では大変お世話になりました。
おかげさまで、関数電卓を使う機会に巡り合い(笑)予想を覆す結果を残せました。
コトリ
2015/02/23 19:14
皆さんが混乱したのは「Week1【問題2】幹細胞の記述として不適切なものはどれでしょうか?」 のようですね。私も1回目は×でした。考え直して、正答に至りましたが、ヒッカケだったのかも知れません。それと、この最終レポートは無くても良かったと、個人的には考えています。このレポートに書いた「感想」はスタッフが読むのでしょうから、相互採点にせず、スタッフが採点すべきと思いました。
T_NAKA
2015/02/24 02:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
「よくわかる!iPS細胞」最終レポート T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる