T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ネットワーク産業論のレジュメ

<<   作成日時 : 2015/01/30 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ga027: 《特別講座》 ネットワーク産業論を受講しましたが、特に資料をDLできるようになっていないので、画像からレジュメを書き取りました。ここは備忘録としてUPしておきます。
このレジュメを見ただけでも大体どういうことが論じられているか?は分かると思います。
興味のある方は1回だけなので、受講されると良いでしょう。

--------------------------------------------------------
21世紀、3つのIT革命が進行中

 第一の革命「効率革命」
 ・ビジネスのフロントラインがネットへ展開
 ・リアル市場+ネット市場
 ・顧客接点の大変貌

 第二の革命「検索革命」
 ・個人の情報収集能力の飛躍的拡大
 ・研究開発プロセス革命
 ・にわか専門家量産システム

 第三の革命「ソーシャル革命」
 ・個人の情報発信能力の飛躍的拡大
 ・twitter や facebook による「共振」

3つのIT革命がもたらしたもの

 複雑系的知識ネットワークの現実化
 ・「三人寄れば文殊の知恵」からの衆知のアグリケーション
  による創発、自己組織化の現実化
 ・外部経済活用のためのオープンインターフェース
  PFの一般化
 ・「外部脳」

 個人能力の最大化
 ・100人の平均的な人間よりも一人のオタク
 ・「組織力」の定義変化
 ・組織階層の無意味化

変化を強要される社会システム

 組織体制の変化
 ・フラット化せざるを得ない組織構造
 ・機能しない終身雇用、年功序列、新卒一括採用
 ・個人力を最大化する組織の必要性

 意味の無くなる平均値議論
 ・平均が高いことより、突き抜けた人材の活用
 ・多様性を前提とした教育システム
 ・ゆとり教育は悪か?

リーダーの役割変化
・利害調整型から率先垂範型へ
・リーダーの役割はより重く、辛いものへ

ニッポンの将来のために

日本は大きなポテンシャルを持っている
 ・豊富な資金力(1,600兆円超の個人金融資産)
 ・世界トップレベルのITインフラ
 ・教育水準の高さ、労働意欲の高さ
 ・企業に比較的余裕がある
 ・眠れる技術もたくさんある

 一方で弱い部分がたくさんある
 ・語学能力の低さ
 ・個性軽視、議論軽視、予定調和好き
 ・どこか他人事でも許されるぬるい社会

21世紀に必要な人材とは

 次世代を担うために必要な人材は過去の人材とは違う
 ・組織の中で効率的に言われたことをなんでもこなす人材から、
  想像力と創造力を駆使して新しい付加価値を作り出せる人材へ
 ・和を以て貴しとなす人材から議論と協調が使い分けられる人材へ

 好きなことを見付ける力、新しいことに興味をもつ力を養成しよう
 ・子どもは好きなことには集中できるし、根性も発揮する
 ・イヤなこと、嫌いなことに我慢して集中してもアウトプットは出ない時代

 できるところから今すぐシステムを変えよう
 ・決めない+変えない+とりあえず放置 → ニッポンをダメにする!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネットワーク産業論のレジュメ T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる