T_NAKAの阿房ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 重力。それは本当に引力か?

<<   作成日時 : 2015/01/12 00:01   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

facebook の私の投稿にコメントを頂いた物理学者のAnikó Pappさんから紹介された記事を訳してみようと思いました。

Gravity. Is it really a pulling force?という記事ですが、Anikó Pappさんによると「このブログの作者は、物理学者ではなく、彼は化学者ですね。それに、"Pushing gravity"というのは、現代の物理学者にとって、科学的ではないですが、私にとって、面白いですね」ということだそうで、その積もりで読んでいただくとありがたいです。さて、前もって言い訳をしておくと、翻訳は得意ではありませんので、英語が読める方は本文を読んで下さい。また内容についてもコメント出来ません。つまり、「こういうような記事があるよ」という紹介だけで文責を持てない状況です。申し訳ありません。

--------------------------------------------------------------------------------

Gravity. Is it really a pulling force? János Rohán, Szeged, Hungary

重力。それは本当に引力か?
 

What is the evidence that gravity is a pulling force? Nothing.

重力が引力であるという証拠は何かあるか?何もない。

An apple falls to the ground. Therefore, it is stated, the Earth pulls the apple. And with that the evidence is exhausted*

リンゴは地面に落ちる。したがって 、その現象が述べるように地球はリンゴを引きつける。そして、それで証拠は使い果たされる。

However, the apple will likewise fall if the force does not pull it down, but pushes it down.

しかし、力がリンゴを引き下げないで、押し落とすならば、リンゴは同様に落ちる。

To satisfy this latter condition, we need the assumption that space is not empty, but is filled with gravity. This does not seem such a fantastic idea today if we remember that cosmologists recently presumed that the Universe is filled with dark energy (66%), which is around double the sum of the visible matter (4%) and the similarly presumed dark matter (30%).

この後者状態を満たすためには、空間が空でなくて、重力で満たされるという仮定を必要とする。
宇宙論の専門家の最近理論では宇宙が(認識されている物質(4%)と同じように推定された暗黒物質(30%)の倍の合計のまわりにある)ダークエネルギー(66%)で満たされるとのことなのだから、今日この(後者状態の)考えはそれほどファンタジーと言いきれるものではない。


It is obvious that the Universe is filled with electromagnetic radiation, and the (vacuum) space is (wrongly) assumed to be filled with Higgs bosons too. It is also filled with neutrinos.

宇宙が電磁放射で満たされることは明らかで、(真空)空間はヒッグス粒子でも満たされると仮定され、ニュートリノでも満たされる。

Numerous problems of cosmologists would be solved if gravity were not regarded as a pulling force. The idea of pushing gravity is not a recent one: it reaches back as far as Georges-Louis Le Sage (1724-1803). If gravity is a pushing force, mass will not emit, but absorb gravitational waves.

重力を引力と考えられていないならば、宇宙論の多数の問題は解決されるであろう。重力が押すというアイデアは、最近のものでない:それは、Georges-Louis Le Sage(1724-1803)まで記憶を遡る。重力が押している力であるならば、質量は重力波を吸収するが発生させない。

1. erroneous thought, cancelled.

1.誤った考え(キャンセルされる)

2. The problem of singularity, which arises only with the pulling gravity model, will also be avoidable. Let us consider the Earth, for example. As an object moves closer to the Earth, the gravitational force becomes higher. This is true as long as the Earth is regarded as a point. However, the Earth is not a point. In theory, the object can pass below the surface, towards the centre of the Earth. The cause of the gravitational force is not a single point, but the whole mass of the Earth, which at the centre is in equilibrium, so no gravitational force is acting at the centre of the Earth.

2.(引力重力モデルだけで起こる)特異性の問題も、回避できる。たとえば、地球を考慮しよう。物が地球に近づいて、重力はより高くなる。地球が点と考える限り、これは真実だ。しかし、地球は点でない。理論的には、地球の中心の方へ、物は地面の下を通ることができる。重力の原因は一つの点でなく、地球の全部の量でもある。そして、地球の中心は平衡にあるので、重力は作用していない。

According to the pulling gravity model, the density at the centre of a black hole would become infinite and the mathematical consequence would be singularity. It appears more logical, therefore, that the pulling force does not become infinite by large as we go toward the centre of a black hole, but, on the contrary, decreases. Moreover, with the pushing gravity model, there is no need for the singularity concept, because the pressure at the centre of a black hole depends on the nearly constant gravitational field of the Universe, so gravity does not increase infinitely. (If it is presumed that gravity is totally absorbed on passing through the mass of a black hole, the pressures at the centre of a small and a huge black hole should be the same.)

引力重力モデルによると、ブラックホールの中心の密度は無限になり、数学的には特異点になる。したがって、我々がブラックホールの中心に向かうにつれて引力が大きくなり無限にならないで、却って減少することは、より論理的に見える。さらに、押している重力モデルでは、ブラックホールの中心の圧力が宇宙のほとんど恒常的な重力場に依存するので、特異性概念の必要がなく、重力は無限に増加しない。(その重力がブラックホールの質量を通過することにより全て吸収されると考えるならば、小さいブラックホールの中心も巨大なブラックホールの圧力も同じでなければならない。
)


3. With the pushing gravity model, the mystery would be solved of why no matter or radiation can leave the event horizon of a black hole, but all kinds of matter can still be pulled in. How can any force come out if nothing can come out? This problem would not arise with the pushing gravity model, because gravity then streams inwards, and the force is also directed inwards.

3.押している重力モデルで、物質または放射線がなぜブラックホールの事象の地平線を去ることができないかについて、ミステリーは解かれるが、ありとあらゆる物質はまだ引き込まれるに違いない。何も出ることができないならば、どうやって力が発生しているのか?この問題は押している重力モデルで起こらない。なぜなら、重力は内部に向かって流れるからである。

4. It could similarly solve the mystery of why the larger planets emit considerably more heat than they receive from the Sun. The surplus energy emitted should be generated by the planets themselves, but radioactivity or heating by tidal forces do not seem to offer sufficient explanation of the excess heat radiation. It appears simpler to conceive that the planets probably gain their surplus energy by the absorption of gravitational radiation.

4.より大きな惑星が太陽から受けるよりかなり多くの熱を発する神秘の理由を、解くことができた。
発される余剰エネルギーは惑星自体によって発生しなければならないが、潮汐力による熱と放射線は過剰な熱放射の十分な説明にならない。惑星が重力放射の吸収によって余剰エネルギーが多分つくだろうとの考えは、より単純に見える。


5. The same logic could easily explain why astronomers have not found white dwarfs cooler than 3400 K. They can not cool more because they receive a constant energy supply by absorbing gravitational radiation. The temperature of neutron stars should be higher in consequence of their greater mass.

5.天文学者がなぜ白色矮星が3400Kより涼しいとわからなかったかについて、同じ論理は、簡単に説明することができた。重力放射を吸収することによって恒常的なエネルギー供給を受けるので、彼らはより冷めることができない。中性子星の温度は、彼らのより大きな質量の結果としてより高くなければならない。

Cosmologists state that 13 Gyears was not sufficient for the white dwarfs to cool down.

13G年が冷却のために白色矮星に十分でなかったと、宇宙論者は述べる。

The problem is that the Universe must be at least twice as old as this: if we really see galaxies at a distance of 13 Glightyears and if the Universe was formed by a Big Bang (both statements are widely accepted), at least 13 Gyears should have passed for the galaxy to take up the position where the light was emitted. The photons then travelled for a further 13 Gyears towards the Earth, where the Hubble Space Telescope captured this ancient light. Consequently, the Universe is at least 26 Gyears old.

問題は、宇宙はこれの少なくとも二倍古くなければならないということである:我々が13G光年離れたところに銀河を本当に見るならば、そして、ビッグバン(両方は広く受け入れられている)によって宇宙が作られるならば、少なくとも13G年は光が発された位置を始めるために銀河で通らなければならなかった。
それから、光子は地球の方へ更なる13G年の間旅行しました、そこで、ハッブル宇宙望遠鏡はこの古代の光を捕えた。従って、宇宙は少なくとも26G才である。


6. To return to heat emission, we usually do not put the question of why the Earth has not cooled down

6.熱放出に戻るために、我々は、地球が冷却しなかった理由の問題について通常質問しない。

Earth liquid nucleus should shrink as it cool down..

地球液体核は、冷却に従って縮まなければならない..

We could not observe this shrinkage, the earthcrust is full up.. yet. 4-5 Gyears was not enough for the cooling process, and moreover the mass of the Earth is increasing with unexplainable speed (considering the mass and energy coming from the Sun, as well as falling cosmic materials, meteors, etc.). Nevertheless, with the emission of gravitons, the Earth should lose energy...

我々はこの縮みを観察することができず、地殻は満杯である。まだ4-5G年で冷却プロセスが十分でなく、説明できない速度(太陽から来ている多数とエネルギーならびに宇宙物質、流星などの落下物を考慮して、)で、地球の質量 は増加している。それでも、グラビトンの放出で、地球はエネルギーを失わなければならない...

7. During the star formation process, cosmic gas clouds contract and heat up. But where does the energy originate from? The heat generation can be explained if, for example, the external gravitational field performs work on the nebula. It is true that, when we compress a gas, its temperature increases, but in that case we supply energy from outside, as when a bicycle pump warms up when we use it. If we do not exert pressure on it, it will never warm up.

7. 星の形成プロセスの間に、宇宙ガス雲は縮んで加熱する。しかし、エネルギーはどこから始まるのだろう?たとえば、外部の重力場が星雲に働くなら、熱生成は説明できる。ガスを圧縮すれば温度が増加するというのは真実であるが、我々が空気入れを使うとき暖まってくるのは、我々は外側からエネルギーを供給しているからだ。
圧力を掛けなければ、決して暖まりはしない。


Another perspective: in an otherwise empty vacuum, we cannot imagine what would drive atoms.

もう一つの展望:それ以外の真空では、我々は何が原子を押しやるかについて想像することができない。

8. An impossible property of the graviton, the negative impulse, is similarly solved.
Let us imagine that the Earth emits a graviton towards the Moon. This graviton travels 400 000 km through empty space and hits the Moon.

8.グラビトンの不可能な性質(否定的な衝撃)は、同じように解かれる。地球が月の方へグラビトンを発すると想像しよう。このグラビトンは空の空間を通って400 000 kmを移動させて、月を叩く。

Are we to expect that the graviton then pulls the Moon back?

我々は、グラビトンが月を引くと予想するか?


This kind of collision contradicts all known physical laws, nonsense indeed. Graviton, even if it is an energy package, particle or wave, should have negative mass, negative velocity or negative energy in the pulling gravity model. As all three properties are physical impossibility, this exclude the reason for existence of pulling gravity model alone. Therefore gravity exists in the vacuum space and pushes anything down to earth, because Earth absorbs some gravitational waves coming from beneath direction.

この種の衝突は、すべての既知の物理法則を否定する(本当のナンセンス)。たとえそれがエネルギーの固まり、粒子または波であるとしても、グラビトンには引いている重力モデルで負の質量、負の速さまたは負のエネルギーがなければならない。全3つの特性が物理的に不可能であるので、単独の引力重力モデルの存在理由をこんなに除外する。したがって、重力は真空空間の中に存在し、地球が下の方向から来ている若干の重力波を吸収するので、何でも地球の方向に押す。

Thus, the pushing gravity model appears suitable to explain numerous observations, whereas the pulling gravity model is not.

このように、押している重力モデルは多数の観察を説明するために適当と思え、引力重力モデルはそうでない。

--------------------------------------------------------------------------------

この理論で、アインシュタイン方程式はどうなるの?とか、測地線方程式は?とか、いろいろ疑問が出ちゃいますね。
まあ、逆転の発想で面白いアイディアですが、私に評価する能力はありません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
重力。それは本当に引力か? T_NAKAの阿房ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる